2017-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2011.09.26 (Mon)

地元の方と話ができるところがいいんです

1109251

自家製囲炉裏。里山で伐採した木を薪にしてお湯を沸かす、みつ花の里さんにお越しいただいたハーフボランティアさんのご紹介です。

1109252

埼玉と千葉からお越しいただいた、平野さんと土居さんです。
ブログ見て、気軽な感じがよいので来ました。と教えていただきました。ありがとうございます。今回は事前に連絡を頂き、この連休で2泊する予定だったので、初日にみつ花の里の竹内さんのところへ来て頂き、その晩から折笠農園さんへというスケジュールにさせていただきました。事務局では、ご要望と受入側の状況に応じてプランをサポートできます!

そして、6月からハーフボランティアさんを募集しだし、手探り状態で皆受入体制づくりを進めました。気がつけば三カ月。日本全国からお越し頂き本当に感謝しております。そして、受け入れる側も慣れてきた部分もあり、それぞれがいろいろな試みをして頂いております。基本的に受入れて送迎や食事の提供、可能であれば宿泊提供というハーフボランティアやワーキングホリデーのような考え方は統一していますが、+αは皆さんにお任せしています。

みつ花の里の竹内さんは、勿来の沿岸部が近いこともあり、場合によっては沿岸部のご案内もして頂いています。
そして今回は、
1109253
災害時用のアルファ―米を試食してもらいました。
こういうものがあるんだよ、ということを伝えたいということでした。確かに、今回の震災で初めて知り、食べました。こんなに便利でしかも結構おいしいということも発見でした。

1109254
そして、みつ花の里さんでは、震災以降すっかり人通りが少なくなった田人地域で秋に行われる復興イベントへ向けて、一人でも多く遊びに来て頂き、田人地区を盛り上げられるように、ピザ窯をお父さんがつくっています。

手づくりピザ窯の解説も聞くことができます!
しかし残念なのは、まだ完成していないのでピザを実際に焼いて食べられないということです。

だから、竹内さんは、お越しいただいた平野さんと土居さんに、
また秋に来て頂戴ねーと、ピザ勧誘していました。

気がつくと、竹内さんの話しが長くなってしまうので、平野さんと土居さんにもう一度お話を伺うと、「地元の人とふれあえ、ちょっと作業して、いなかにくるかんじがいいですね。」と感想頂きました。

農業自然体験・ハーフボランティアさん募集中・ineいわき農商工連携の会 事務局
TEL:080-7012-9276 ・e-mail: ineiwaki@gmail.com ・HP: http://ine.main.jp/
※電話に出られない場合もございますので、メールですと確実です。
スポンサーサイト
01:03  |  これた・みつ花の里レポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/94-103380f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |