2017-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2015.05.02 (Sat)

イナダと鯛さばき編・山一中田商店お魚さばきイベント

IMG_2426_R.jpg

江名港に面する老舗かつお節&干物屋の山一中田商店さんで、お魚さばきイベント開催しました。イワシ、カレイ、アジとさばき、続いて、大きいイナダをさばきます。さすがに皆さん「うわ―、大きい!」と、魚を持った重さにも驚きです。主婦歴の長い、生木葉の佐藤さんにも参加いただきました。今まで自己流でさばいていたので、勉強になりますと一緒にさばいていただきました。
イナダは、表面にぬめりがあるので、うろこをとる感じで刃先でまずはぬめりをとります。

IMG_2433_R.jpg

イナダの頭をこの方向から斜め45度くらいの角度で半分ほど切り目を入れます。

IMG_2436_R.jpg

ひっくり返したら同じ角度で刃を入れ骨を断ちます。この時に、グッと力をかけます。

IMG_2437_R.jpg

大きい魚の骨を切るのに一苦労しましたが、何とかクリアーです。

IMG_2450_R.jpg

胸びれを三角にカットしたら、お腹を割いていきます。

IMG_2454_R.jpg

内臓を取り出し、血合いをとり、この時点で水で腹の中をよく洗います。

IMG_2466_R.jpg

二枚におろしていきます。尻尾の方から刃を入れていきます。この時、刃先に骨が当たる「カタカタ」という音がきれいに聞こえると刃の角度OKです。

IMG_2478_R.jpg

刃先を尻尾の方の骨の上へ入れたら包丁を引きます。

IMG_2490_R.jpg

二枚におろせました。初めてイナダをおろしたはずなのに、イワシやアジでの修業の成果で、皆さん大きな魚も見事におろせましたよ。すごい!

IMG_2492_R.jpg
IMG_2496_R.jpg
IMG_2502_R.jpg

反時計回りに、同じルールでさばいて、3枚におろしました。

IMG_2517_R.jpg

いよいよ鯛さばきです。頭を少しひねりあげて、刃先をたててうろこをとります。こうすると、固い鯛のうろこがすいすいとれます。

IMG_2531_R_2015050220072488e.jpg

エラをひねり出して取除きます。

IMG_2538_R.jpg

あごから腹にかけて切れ目を入れさばき、内臓を取り出します。

IMG_2543_R.jpg

ひっくり返して頭を切りとります。

IMG_2546_R.jpg

尻尾の方から背の部分へ刃を入れます。

IMG_2554_R.jpg

身を開きながら骨と身を切り離して2枚におろします。

IMG_2559_R.jpg

3枚におろすために、もう半身も切り分けていきます。

IMG_2561_R.jpg
IMG_2567_R.jpg
IMG_2577_R.jpg

3枚におろしたところで、頭もいい出汁がでるので、半分に割っていただきました。

IMG_2588_R.jpg

すべての魚をさばき終わったところで、最初にさばいた、イワシを皆でたたいてイワシのすり身をつくりました。ネギと味噌を入れてつみれ汁やハンバーグにするといいよと、中田さんから食べ方も教わりました。最初不慣れできれいにさばけなかったイワシも、たたいて美味しく食べられます。

IMG_2591_R.jpg

当初は2時間程度の魚さばきイベントの予定でしたが、今回は初めてということで、試行的な部分もあったのと、市場で手頃な魚がそろったこともあり、イワシからタイまでさばくことができました。ご参加いただいた皆さんからは、「初めて魚さばいたのですが、楽しかったです。」「イワシのすり身はいつも購入するのですが、こうすればもっと美味しいのが食べられます。」「スーパーでは魚おろすの無料なので、お願いしていましたが、さばき方覚えたのと小出刃庖丁あるので、自分でおろしてみたいです。」「今まで自己流でしたが、包丁という道具を教わり、さばき方をきちんと教わるときれいにさばけました。」などなど満足コメントいただけました。約4時間近くお疲れさまでした。皆さんには、さばいた魚と出刃包丁お持ち帰りいただきました。

IMG_2310_R.jpg

江名港前の山一中田商店さんの干物は5月いっぱいまでです。そのあとは11月からになります。絶妙な塩加減の干物おススメです。そして、鰹節もおススメですよ。生木葉ファームさんの直売所でも販売していますが、好評で随時補充しています。講師の中田さん、たくさん教えていただきありがとうございました!
スポンサーサイト
20:24  |  山一中田商店レポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/772-b4ea3044

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |