2017-10- / 09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

2015.02.14 (Sat)

「芋ようかん」福食レシピ開発:富岡麻美パティシエ(ファミーユ)

IMG_4453_R.jpg

昨年、生木葉ファームのさつま芋見学に、手づくり菓子ファミーユの富岡麻美パティシエが畑へ来てくれました。黄色い金時芋と紫色のパープルスイートロードがありました。富岡さんは、アレルギー対応で甘みを控えたレシピ開発をしてくれました。

レーズンが効いている「芋ようかん」です。

●材料
食材/さつまいも(200g)・豆乳(30cc)・レーズン(10g)・きび糖(30g)・粉寒天(2g)・水(100cc)

●作り方

_MG_6476_R.jpg

① さつまいもを茹で、フードプロセッサにかける。
② 片手鍋に水、粉寒天を入れて煮立たせる。
③ ②にきび糖を入れて溶かし、溶けたら火を止めて豆乳を入れる。
④ さつまいもが入っているフードプロセッサに、③を3回に分けて入れてまぜる。

_MG_6483_R.jpg

⑤ ④にみじん切りしたレーズンをまぜ、型に流す。(型に流す前に、お好みで裏ごししてもOKです。裏ごし後にレーズンを混ぜます)。

_MG_6454_R.jpg

⑥ 冷蔵庫に入れ、固まったら出来上がり。食べやすい大きさにカットして、刻んだレーズンをトッピングして召し上がれ。

_MG_6464_R.jpg

●富岡パティシエのcooking advice
豆乳を入れるタイミングに気をつけてね。豆乳の代わりに牛乳を使うとコクが出ます。トッピングを工夫してケーキのように仕上げても楽しいですよ!

先日の味噌づくり体験バスツアーのランチにも登場しましたが、好評でした。しっとりとした芋ようかんでありながら、レーズンの酸味の後口がよく、和菓子のようで洋菓子のようにも感じます。牛乳を使うと簡単にコクがでてつくり安かったのですが、あえて、豆乳を使い、味のバランスを考えてくれました。しっとりと美味しい芋ようかん、ぜひおやつにどうぞ!

スポンサーサイト

tag : 地産旬味福食MENUプロジェクト

21:03  |  地産旬味福食MENUプロジェクト  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/748-284c7dd1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |