2017-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2015.01.31 (Sat)

「焼き大根のポトフ」福食メニュー開発:湯本修平シェフ(ララシャンスいわき)

はまっこ2月号大根_R

はまっこ新聞2月号に吾妻さんの大根と福食メニュー開発「焼き大根のポトフ」湯本修平シェフ(ララシャンスいわき)掲載しました。【ineの会HPからダウンロードできます】

三和の吾妻さんのところへ伺った日は、雪。雪の下の土の中に大根が貯蔵されていました。これから、三和では凍み大根づくりが始まる季節です。

三和へ大根取材へも行ってきた、湯本シェフが、大根を使い簡単なんですが味わい深いポトフレシピをつくってくれました。
「焼き大根のポトフ」
●材料(6人分)
食材/おいしい大根(1本/1kg)・鶏手羽元(500g)・鶏ガラスープの素(5〜10g)・水(3ℓ) ・お好みでレモン
調味料/塩・コショウ・片栗粉・オリーブオイル(各適量)

●つくり方
① 鍋に、水・塩少々・鶏ガラスープの素を入れる。

_MG_6222_R.jpg

② 鶏手羽元に塩・コショウをし、フライパンで焼き色をつける。しっかりと表面焼いてくださいね。

_MG_6257_R.jpg

③ 大根はピーラーで皮をむき、厚さ3cmの輪切りにして面取りをする。(大根の葉、皮、面取りした部分も使います)
④ ②のフライパンの余分な油を捨て、輪切りにした大根を入れて焼き色をつける。この焼き目が深いコクをだしますよ。

_MG_6270_R.jpg

⑤ ①に②、④、大根の皮、面取りした端の部分、大根の葉を入れ、一度沸かしてあくを取り、弱火で1〜2時間、大根が柔らかくなるまで煮込む。(水が足りなくなったら時々足す。大根の葉は色と食感を残すため5分程度でOK)

_MG_6180_R.jpg

⑥ 大根が柔らかくなったら火を止めて、一晩おく。(スープに溶け出したうまみが大根と鶏に戻り、よりおいしくなります)
⑦ 温め直した大根と皮、鶏手羽元を器に盛る。

_MG_6291_R.jpg

⑧ スープを温め、塩で調味したあと、片栗粉でゆるめにとろみをつける。

_MG_6302_R.jpg

⑨ ⑧に刻んだ大根の葉を加え、⑦にかける。EXオイルをかけて出来上がり。お好みでレモンを添えて。

_MG_6304_R.jpg

完成です!

IMG_7879_R_20150131210635fed.jpg

大根の中までよ~く味が染みていて、美味しいですよ。鶏や大根の表面をしっかりと焼いたコクのうま味がたまりません。シンプルなんですが味わい深いですよ。そして、一晩ねかせた美味しさ浸透もたまりません。ぜひ、お試しください!
スポンサーサイト
21:18  |  ララシャンスいわきレポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/745-fd6123e0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |