2017-09- / 08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

2014.12.28 (Sun)

畑のヘルシークッキング終了です。食生活改善から体質改善効果ありました!

IMG_7510_R.jpg

9月20日から始まった、食生活&体質改善モニター「畑のヘルシークッキング」の3カ月間が終了しました。
年末のあわただしい時でしたが、お集まりいただき、上級食育指導士の中村寛子さんからのレクチャーと参加者の皆さんから、体質改善等で気づいたことや大変だったことなどを伺いました。

今回10組の方にご参加いただき取組み始めましたが、3カ月間継続することが困難になった方が2名。そのため、後から2カ月間取組んでいただいた方が1名います。皆さん、毎日の食事記録を手書きか写真で記録していただき、体調の変化などできづいたことを記入していただきました。

「まごわやさしいこ」を意識して食生活改善。毎日の食事の中で、各キーワードの食材をとるよう心掛けていただきました。

毎日の食事記録を写真で送っていただいた方の様子を紹介します。ある1日の朝昼夜ごはんの3名の方の記録です。

a_R.jpg

Aさん

c_R_20141228144517ee0.jpg

Bさん

b_R.jpg

Cさん

毎日、まごわやさしいこ食材を入れることが大変だったりしたみたいですが、野菜や魚、ゴマ、イモ類、大豆などの素材を使っています。

まだ、記録等の集計は終わっていませんが、効果や改善点などをご紹介します。

●まごわやさしいこ食生活の効果
<体質関係>
・最も多いのが、便秘の改善。便通がよくなり、便の質がよく、便の量が増えた。
→その結果、便秘気味な子どもが、トイレへ入るとすぐに便が出て、肛門が切れることがなくなった。
→10年来の下痢体質だったが、改善された。
・生理痛が無くなったり軽くなった。
・産後の腰痛などがなかった。
・冷え性やむくみが改善された。
・季節的なアレルギー的なできものが出ていない。
・吹き出物がなくなった。
・胃痛がなくなった。
・疲れの回復が早くなった。
・体がかゆくなくなった。
・アトピーがきれいになった。

<食べ物編>スナック菓子や添加物等の摂取を減らす指導の結果などです。
・まごわやさしいこを意識することから、和食中心の食事となった。
 (和食にしてくださいとは伝えていませんが、そういう方の回答が多かった)
→洋食中心の食生活が変化した。
→パン、麺中心がご飯生活になった。→その結果、おやつを食べなくなってきた。
・お味噌汁を毎日食べるようになった。
・子どもが野菜を食べるようになった。
→野菜嫌いの改善。
→いつも遊びに行っているおじいちゃんの野菜(生木葉)のだよというと、食べる。
→研修食材の野菜だと食べる。
→研修食材の野菜がおいしいと感じる。今まで野菜はおいしいと思わず、調味料を使っていたが、使わなくてもよいと感じるようになった。
・調味料や油をかえた。
・味に敏感になった。
→外食やレトルト食品を食べると味を濃く感じる。
→缶詰等の食品を子どもが食べたがらなくなった。
→ジュースを飲んだ時、子どもが変な味と言った。

●今後へ向けて:取組んで大変だったことや要望
・毎日の食事記録が大変だった。しかし、記録することで意識したり確認できるので、習慣化した。
・家族の分おかずを数品作るには、夕方買い物してすぐにできなかった。前日の仕込みや常備菜のようなものが必要。レシピ必要。
・外出した時に、「まごわやさしいこ」を意識して、食べられるものを探すのが大変だった。
・ご主人が和食を食べなく揚げもの多い食生活だったので、献立改善が大変だった。
・レパートリーを増やしたい。魚や芋、ゴマ、これらのメニューを覚えたい。
・ご主人や同居している家族とのメニュー内容の調整が大変だった。

siryou20141228_R.jpg

今回、中村さんから配布された資料です。
まさに「体は食べ物でできている」です。
今回の取組みで3カ月間、記録すること自体が、食生活を意識することになる効果がありました。
体質改善された効果は、まごわやしいこの効果です。もちろん、個人差はあります。今までの食生活で培われた体質によって効果が異なります。素直に効果が出る人、時間がかかる人もいます。同様に、これから改善することで、5年後、10年後に違いが出ます。中村さんからは、継続的に取り組んでほしいことが伝えられました。

今回のまとめで、意外だったのは「まごわやさしいこ」食材は、確かに和食の食材なんですが、和食を意識しすぎる必要はないのではないだろうか?と思います。福食メニューでは、フレンチや中華、イタリアンのシェフが考案してくれているメニューもあります。このあたりを、魚や芋、ゴマメニュー開発や料理教室も含め、今後取り組むべきことなのかもしれません。

子どもの変化で嬉しかったのは、「生産者を知ることで3歳の子どもでも、あのおじいちゃんの野菜だったら食べる。」という効果です。もちろん、素材の鮮度良く美味しいから食べるようになった子どもさんもいます。
産地や生産者との距離を近づける取組みは、もっと必要そうです。

ご参加いただいたみなさん、3カ月間お疲れさまでした!

スポンサーサイト

tag : 地産旬味福食MENUプロジェクト

15:40  |  畑のヘルシークッキング  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/734-489c7d9a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |