2017-05- / 04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

2014.12.19 (Fri)

「畑のフリッタータ」福食メニュー開発:北林由布子シェフ(スタンツア)

_MG_4755_R.jpg

北林由布子シェフ(スタンツア)が、「畑のフリッタータ」福食メニュー開発してくれました。生木葉ファームさんの卵などを使っています。

野菜と大豆、サツマイモ、卵の食感が楽しく美味しいですよ。焼きたてはふっくらと美味しく、一日ねかせると、しっとりと味がなじんでこちらも美味しいんです。ぜひ、お試しください!

●材料(4人分)
食材/たまご(L4個)・きのこ(エリンギ、しめじ、まいたけなど100g)・さつまいも(30g)・ほうれん草(70g)・大豆(水煮25粒くらい)・粉チーズ(大さじ2)・牛乳(25cc)
調味料/塩・コショウ・オリーブオイル(各適量)
トッピング①/ケッカソース(トマト1個・バジル1枚・ニンニク1/2かけ・塩・コショウ・オリーブオイル)
トッピング②/生ハム1枚、ベビーリーフ、すりごま

_MG_4567_R.jpg

今回大豆は、生木葉ファームさんで栽培した、いわきの在来種大豆「さと豆」をつかっています。

_MG_4621_R.jpg

●作り方
① さつまいもは皮ごと2%の塩水で20分程度茹で、竹串が通ったら水を捨てて冷まし、1cm角に切る。
② 大豆は一晩水に浸したあと、弱火で40分程度煮る。(水煮缶でもOK)
③ トマトのヘタを取って切り込みを入れ、沸騰したお湯で湯むきをし、氷水にとる。
④ 同じお湯に塩をひとつまみ加え、ほうれん草をさっと茹でて氷水で冷やしたあと、4等分の長さに切り、よく絞る。
⑤ きのこを一口大に切り、オリーブオイル(大さじ1)で炒めながら、塩ひとつまみを加えて下味をつける。5分ほど炒めたら取り出し、粗熱をとって冷やす。

_MG_4655_R.jpg

⑥ たまごをボウルに割り溶き、牛乳、塩・コショウ、粉チーズを加える。

_MG_4667_R.jpg

⑦ ⑥に①②④⑤を加えて軽くまぜる。

_MG_4673_R.jpg
_MG_4679_R.jpg

⑧ 小さめのフライパンをよく熱し、オリーブオイル(大さじ2)をひき、⑦を流し入れる。たまごが固まったところからまぜていき、半熟状態になってきたら形を整えてふたをし、弱火にして火を通す。

_MG_4706_R.jpg
_MG_4707_R.jpg
_MG_4738_R.jpg

⑨ フライパンに接した部分に焼き色がつき、ほぼ全体に火が通ったら大皿を使って裏返す。火を止めて余熱で表面に火を通して出来上がり。皿に移して8等分し、トッピングする。

_MG_4703_R.jpg

●ケッカソースの作り方
①湯むきしたトマトの種を取り、1cm角にカットする。
②ボウルにトマト、塩2つまみ、ちぎったバジル、ニンニクみじん切り、コショウ、オリーブオイルを入れてよくまぜる。

_MG_4782_R.jpg

●北林シェフのcooking advice
具材になる野菜は何でもOK。水分と熱を取るのがポイントです。冷めてもおいしいのでお弁当のおかずにもおすすめ。裏返したら火を通しすぎないようにすると表面の色がきれいです。

【レシピはineの会HPからダウンロードできます】
スポンサーサイト

tag : 地産旬味福食MENUプロジェクト

11:05  |  スタッツアレポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/727-9978afa8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |