2017-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

2014.11.13 (Thu)

「白身魚とじゃがいもの春巻きの皮包み」福食メニュー開発:湯本修平シェフ(ララシャンスいわき)

_MG_4330_R.jpg

福食メニュー開発、ファーム白石さんのジャガイモを使って、湯本修平シェフ(ララシャンスいわき)が「白身魚とじゃがいもの春巻きの皮包み」をつくってくれました。先日の畑のヘルシークッキングでみんなでつくりましたが、子どもさんにも大好評でした。

●材料(20個分)
食材/白身魚(タラ)(150gh)・じゃがいも(200g)・ニンニク(1かけ)・枝豆(30g)・豆乳(70cc)・豆乳マヨネーズ(20g)・春巻きの皮(5枚)・揚げ油(適量)
調味料/塩・コショウ・カレー粉(各適量)

_MG_4155_R.jpg

① じゃがいもは水洗いして皮ごとゆでる。(電子レンジでもOK)
② じゃがいもが柔らかくなったら皮をむき、ボウルに入れて粗くつぶしておく。

_MG_4150_R.jpg

③ 鍋に豆乳、タラの切り身、ニンニクスライス、塩、コショウを入れて一度沸かす。火を止め、余熱で火を通す。

_MG_4218_R.jpg

④ ②のボウルに③のタラとニンニクを入れてまぜ、鍋の豆乳を加えていく。(柔らかめのポテトサラダ状に)

_MG_4247_R.jpg

⑤ 豆乳マヨネーズ、塩、コショウ、カレー粉で調味し、最後に枝豆を加えて軽くまぜあわせておく。

_MG_4260_R.jpg

⑥ 春巻きの皮を4等分にし、それぞれに⑤を乗せ、包む。

_MG_4261_R.jpg

・小麦粉を水でといたものを皮の周りに指でつける。

_MG_4273_R.jpg

・具を乗せたらのり巻きのようにくるりと巻いて、両端を折り込む。

_MG_4275_R.jpg
包み完成。

_MG_4286_R.jpg

⑦ 180度の油できつね色に揚げて出来上がり。

_MG_4317_R.jpg

ぜひ、子どもさんと一緒に包んでみてください。今の季節ならば、枝豆でなく長ネギをカットしたものもおススメですよ。

「黒オリーブでフレンチ風」(春巻きの下の黒っぽいもの)
黒オリーブを乾燥させ、パン粉とともにミキサーにかけて粉状にしたものを畑の「土」に見立て、掘りたてのじゃがいもをイメージした盛りつけ。黒オリーブの風味が大人の味です。

●湯本シェフのcooking advice
 フランスの郷土料理をアレンジしました。春巻きの中にチーズやコーン、ネギを入れてもおいしいです。タラ以外でも白身魚ならOK。豆乳の代わりに牛乳、生クリームを加えるとコクが出ます。
スポンサーサイト

tag : 地産旬味福食MENUプロジェクト

18:21  |  ララシャンスいわきレポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/706-d85ee7ef

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |