2017-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.10.28 (Tue)

山一中田商店で鰹節体験・海と畑の出会い体験親子バスツアー開催しました

IMG_2378 - コピー_R

海と畑の出会い体験親子バスツアー開催しました。生木葉ファーム里芋収穫体験後は、江名港へ移動し、110年続く老舗鰹節屋の山一中田商店さんに移動しました。着いてみると、早速、削りたての鰹節に皆注目です。

IMG_2371 - コピー_R

削り機からどんどん出てきます。

IMG_2345 - コピー_R

中田昌俊さんが、鰹節削りの実演をしてれました。

IMG_2349 - コピー_R

削る前に、鰹節を一回蒸かすそうです。蒸かした後は、すぐに削らないと鰹節が粉になりやすいそうです。ツアーにタイミング合わせていただき、ありがとうございます。

IMG_2454 - コピー_R

削りたてを早速試食です。いい香りです!

IMG_2457 - コピー_R

中田さんの鰹節トークが始まりました。

IMG_2519 - コピー_R

話を聞いている間、子どもたちはずーっと鰹節食べていました。

IMG_2528 - コピー_R

大きい子も小さい子も、止まることなくもぐもぐと。鰹節の力はすごいです!

IMG_2607 - コピー_R

中田さんからは、鰹節の作り方や、鰹節の英語名から魚の特徴を話してもらったりとカツオと鰹節を通した総合学習的な講義をしていただきました。しかも、削りたての鰹節を食べながら、バックには江名港があるというロケーションです。贅沢な体験です、こういうところは他にはないんですよ!

山一中田商店では、震災により、今までのお店が流されてしまい、カツオや薪が今までのように入手できないため、現在は鰹節はつくられていません。しかし、鹿児島の方からいわきのカツオの味に近い鰹節をとりよせ、自分のところで削って、袋詰めして、店頭販売しているところは、ここにしかないんだよとも、教わりました。いわきの貴重な歴史と文化の詰まったお店です。

IMG_2662 - コピー_R

袋詰め体験第二弾、鰹節100gクイズ!ということで、子供たちには袋が渡され、100gになるまでつめることになりました。

IMG_2653 - コピー_R

みんな大喜びです。これだけ大量の鰹節をみることも、袋詰めすることもなかなか体験できません。

IMG_2681 - コピー_R

順番に測りに来ます。少なかったら、もう一度トライ。

IMG_2666 - コピー_R

最初はみんな100gはほんの少しの量だと思い、恐る恐るでした。

IMG_2683 - コピー_R

だんだんと要領よく、詰めて、最後は全部袋詰めしました。

IMG_2704 - コピー_R

中田さんからは、鰹節にも血あいが入っているものといないもの、削る厚みの違いなど、鰹節のバリエーションも紹介いただきました。

IMG_2530 - コピー_R

お店には、厚削り、薄削り、小花削り、血合抜糸削りなどの商品が販売されています。その他、鰹節粉、昆布粉、わかめ、カタクチイワシなども販売しています。季節的に、大根葉とカタクチイワシを炒めると魚の塩味がちょうどよく美味しいですよ。

IMG_2639 - コピー_R

風味とうまみたっぷりの美味しいかつお節で、お味噌汁作ったら最高です。ぜひどうぞ!

鰹節体験の後は、江名港へ移動です。
スポンサーサイト

tag : 地産旬味福食MENUプロジェクト

19:56  |  地産旬味福食MENUプロジェクト  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/697-d576b647

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。