2017-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

2011.08.19 (Fri)

未来のために!!合宿同行レポ①

今井で~す

今回は大学生のゼミ合宿に同行させてもらったので、その様子を書かせていただきます!

東洋大学 社会学部 メディアコミュニケーション学科の三年生19名と関谷先生がいわきに来てくれました
関谷直也先生は「風評被害 そのメカニズムを考える」という本も書いている方です。

今回のゼミ合宿は一泊二日で、初日はいわき、二日目は茨城に行くそうです!
いわきに来たことがある人は関谷先生以外誰もいませんでした
これを機にいわきに足を運んでくれるようになってほしい~

まずは北瀬さんの解説のもと、久ノ浜の震災の現状を見てもらいました。
かなり暑い日でしたが、海風があって涼しくて、、、でも目の前には悲惨な光景
006_convert_20110819095247.jpg

023_convert_20110819095604.jpg

学生たちの反応は
『テレビで見るのと現実に見るのは違う…』
『この状況を見てると価値観が変わる…』など。
こうして私たちが見学させてもらっている間にもガレキや全壊の家の撤去作業が行われています。
015_convert_20110819101033_convert_20110819103219.jpg

025_convert_20110819103335.jpg

そんな中、一軒の家の庭だっだところに『母が作った庭なのでつぶさないで下さい』『思い出のあるラベンダーなので残しておいて下さい』と手書きの看板があり、切ないというか胸を締め付けらる思いで言葉を失われます。


バスからボランティアさん達が見えました!
031_convert_20110819104020.jpg
とても頼もしいありがとう~って叫びたい

さて、次はいわきニュータウンの仮設住宅を見ていただきました。
プレハブの仮設住宅に木造の仮設住宅

038_convert_20110819105843.jpg
学生たちは、じろじろと見るのは申し訳ないと入居者の方の気持ちを汲んでいました。


そんなこんなで震災の状況を自分の目で見て感じてもらった学生サンたちには、一人一人の今後の人生にいい意味での何かの影響になってほしいなと思います。
未来のために


そしてそして、いわきの災害状況だけでなく、いわきを楽しんでもらう為の生木葉さんでのバーベキュー
みんなが楽しみにしていたこの時間が近づいてきました

こちらの記事はまた別に書かせていただきます


※ブログを見てくれた東洋大の合宿に来た学生さん、コメントにいわきの感想をくれたら嬉しいで~す
スポンサーサイト
09:57  |  体験・視察・バスツアー  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/63-e27ed900

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |