2017-05- / 04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

2013.10.15 (Tue)

いわきの焼物記念品大量作陶中!常磐白水焼唯芳窯さん

IMG_3871_s.jpg

常磐白水焼 唯芳窯さんの工房へお邪魔してみると、急須の製造中でした。蓋が収まる部分に釉薬がのらないようにロウを塗っているところです。

IMG_3901_s.jpg

これだけたくさんの、同じタイプの急須が並んでいると、さすが!と思える技術力です。これから焼きあがるのが楽しみです。この急須は、いわきの粘土でつくっているということもあり、記念品として大量オーダーがあったものなんです。山崎さんのところへは、このような記念品にまとめてオーダーをうけているとのことで、先日も湯呑やお猪口など、好みに応じた大きさや形状をつくっています。

IMG_3892_s.jpg

ギャラリーには、新しいタイプの器も発見、いわきの空をイメージし雲の隙間から青空を覗く景色です。なんとも柔らかい感じです。

IMG_4321_s.jpg

おちょこも空と雲をイメージしています。お酒好きの方のオーダーで少し大きめです。湯呑の方は、新たな模様やブルーの難しい配合を試行錯誤しながら表現しています。山崎さん曰く、いわきの粘土で青み、赤みのバランスは毎回、微妙な配合で表情が変わるので、なんとも難しくもあり、楽しみであり、奥深い!とのことでした。

いわきブルーを写す焼物。毎回次なる作品が楽しみです。ぜひ、工房へ行って実物を見てください、写真では伝わらない色合いがあります。
スポンサーサイト
20:35  |  常磐焼 唯芳窯レポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/550-b4aadeee

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |