2017-05- / 04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

2013.04.15 (Mon)

Hagiフランス料理店さんで素材の展開が広がっています

64f9972a-s_R.jpg

こちらは、雉のスープ。【BLOGより】Hagiフランス料理店さんで味わえる、いわき産の雉、野菜、水で仕込まれたメードインいわきスープです。

先日、いろいろと打合せがあり話が加工品のことになった時、萩さんがちょっと待っててくださいと言って持ってきてくれたのが、

IMG_6790_R.jpg

雉のスープ(雉肉とヒラタケ入り)。味見させていただきました。驚きです。雉の肉は柔らかいのですがかみごたえがあり、味もよく、いくらでも飲めてしまいそうなスープで、ヒラタケの味、野菜の味が組み合わさりコクがあるんですがさっぱりとした味わいです。

IMG_6798_R.jpg

そして、もう一つ味見させていただいたのは、前日の夜3時くらいに完成したという、スープのベースとなった野菜と肉でつくったパテです。パンに塗りパクリ。思っていたよりさっぱりしています。くどくなく、食べても胸焼け感がありません。素材力、調理力です。

素材の収集と仕込、肉を自分でさばくからこそできる、味わい、仕事力なのかもしれません。

いわき産の素材が個体、液体、固体と様々な展開を体験させていただきました。いい素材のこの変化と展開、味わいを体験していただくことが大切だなあと教わりました。

試食しながら話していて、もう一つ驚いたのは、いわきで素材と向き合い調理・加工している萩さんの仕事場へ研修に来たいと調理師学校の生徒さんから連絡があり、来ることになりました。うれしいです。そして、先日ゆうゆうファームさんでもぼんやりと感じていたことが整理できました。

ineの会のみなさんのこだわり商品やサービスの魅力を伝いたい。と考えて取り組んできていますが、「こだわりのある仕事」という視点も大切だということです。仕事を体験してみたい、教わりたい、知りたいというところから、様々な関係ができることがおもしろそうです。おかげで、次なるアイデアも展開しました。

IMG_6758_R.jpg

こちらはゆうゆうファームさんの桃の花。きれいです。萩さんの料理人の視点からは、これからの新たな商品開発目線で見えているようです。楽しみです。
スポンサーサイト
13:24  |  Hagiフランス料理店レポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/463-8c949f9e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |