2017-08- / 07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

2013.03.05 (Tue)

マイペースにそして突然ine商品開発は始まります

DSC_0251_R2.jpg

こちらは、仙台のコンビニレジ前でふと目にとまった「バター餅」?バター飴なら知っていましたが初めて知りました。出張先で珍しいものを買うのは習慣であり、最近では商品開発の種になります。調べてみると秋田方面の郷土菓子のようでした。すあまやういろうみたいな感じです。なんとも癖になる味わいです。

事務局北瀬は、あちこちで仕事させていただいているおかげで、出張先で商品開発の種を仕入れてくる役目も担っております。

IMG_4029_R2.jpg

そして気になる商品は、皆で集まり打ち合わせるときなどに持っていき、試食会を行っています。今回は九州で見つけた、青トマトドレッシング。生産者、加工者、消費者目線で率直な感想がでてきます。トマトの味より、酢の味が強すぎる、なるほどこの酢を使っているからかと、早くも今年のファーム白石さんの青トマトを想定した議論がはじまっています。

そんなやりとりが日常になってきたことが積み重ねだなと感じています。加工品は一回つくったら終わりではなく、つくり方や配合やアイデアなど常に進化するものだと、会の皆さんのおかげで分かってきました。だから、最近は、美味しいのかな?けど、何かのきっかけになるのかもしれないものも種として仕入れてきています。

IMG_4768_R2.jpg

そして最近の一番ヒットしたジャム。個人的にとてもうまい焼き菓子のお店に出会い、そこで販売しているキウイジャム。常に試食と勉強が大切です。皆で試食してみても表情の変化がいい。生木葉ファームの佐藤さんは、急いで自宅に収穫したままになっていた自家製キウイを持ってきてくれました。素材提供するから、つくってみてということです。

IMG_4776_R2.jpg

皮向いてHagiフランス料理店の萩さんが食べてみて、酸味がコンフィチュールにちょうどよいということでさっそく作ってみましょうということになりました。ただ量が少ないので、少しの量を試作ということになるかもしれません。学び、試して、メードインいわきができていきます。

不思議と、商品開発が始まってしまうときって、素材やアイデアや加工技術や様々な要素が一気に出会う感じがします。これから販売や委託方法などなど課題を少しづつ整理していく必要もありますが、今年は春から1年の収穫が楽しみになってきています。

スポンサーサイト
08:19  |  商品開発  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/439-e87db6f8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |