2017-11- / 10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.07.26 (Thu)

笑顔になってしまう1組限定フルコースでine定例会「うま!」

前回のineの定例会から参加になった、Hagiフランス料理店の萩さん。ぜひ料理食べてみたい。という皆さんのご要望から、暑気払いもかねた、定例食事会をHagiさんのところで行いました。

皆さんなんだか忙しいところ、次々と集まり、コースの開始です。
フレンチなので、緊張?!ということもなく、わきあいあいとした雰囲気です。それは、1組限定のおかげだからです。庭が見えてゆったりとした環境で何が出てくるのだろう?と皆さん期待が高まります。佐藤さんと北瀬は以前に来たことがあるので、今回は何が出てくるのだろう?と更なる期待が高まります。

g_R.jpg
さっそく、奥さんから本日の素材や料理の解説シートが渡されます。生木葉さんや白石さんの野菜が並んでいます。しかも当日の朝採り!しかもそのつくり手が二人とも今日は客席にいるので面白い関係です。本来は撮影禁止なのですが、ineの会の活動の場合は許可されています。

f_R.jpg
客席の片隅に発砲スチロールの箱があり、なんだろう?と思っていたら、奥さんがコースの初めに説明してくれました。生木葉さんでつくっている「アピオスの花」珍しいものです。朝どりを保存しすぐ食べる。どうなるんだろう?と余計に期待が高まります。解説シートと奥さんの解説で一つづつ次のお皿が気になります。

h_R.jpg
最初に、白石さんのふっこうトマトのスープのゼリーよせ。生木葉さんのトマトやソラマメが入っています。生木葉の野上さんが、「あれ?うちのソラマメ終わったけど、どこのだろう。」さすが生産者!実は、萩さんは特性の冷蔵庫などで温度管理などを行い野菜をうまくストックしています。

前菜の一皿から、生木葉&白石野菜の連携です。さっそく「うま!」と皆さん笑顔に、美味しいものがあると笑顔といいアイデアが生まれます。白石さんいわく「これは、こだわり夏野菜の水遊び。という名前の料理だね。」

j_R.jpg

3種類の小麦粉をつかったパンもアツアツのものが順次出てくるので、食べ比べです。

k_R.jpg

生木葉さんの朝どりトウモロコシを石川県の貴重な塩で茹でたものへ、トウモロコシの冷スープ。キリリとした塩とトウモロコシの甘味とあいます。スープはさっそくおかわりしたくなります。

l_R.jpg

続いて生木葉さんの米ナスと先ほどのアピオスの花、エビ、バルサミコソース。の一品を、

m_R.jpg

なんと、今回参加している磐城高箸さんの箸で食べます。今回特別に、高橋さんの箸を使う一皿用意していただきました。これぞ、「いーね体験」!顔が見える関係すぎて、美味しさ倍増しすぎます。もちろん食べ終わったら高橋さんの箸はバックヤードへ。高橋さんいわく「これでいいんです!どんどん使ってください。」山のためにもぜひにです。

n_R.jpg

次は、何やらガラスの蓋をあけると、、、スモーキーな演出に皆盛り上がります。どんな感じで運ばれてくるのかは、ぜひ、お店で味わってみてください、ちょっと不思議です。

o_R.jpg

出てきたのは、北海道の貴重な健康豚で手作りしたソーセージです。脂身と肉のうまみがなんともいえず相変わらずみなさん「うま!」っと感嘆しています。「ごはんでモリモリ食べたい!」という話から、白石さんの新米が収穫できて作業がひと段落する11月ごろにこれで!などと旬な話がでてきます。その時は唯芳窯さんのごはん茶碗と高橋さんの箸で食べます。開催できたら楽しみなイベントです。

p_R.jpg

続いてシェフがぎりぎりまで考えていたという、生木葉さんが親戚から毎年仕入れてくる桃とフォアグラの一品です。ソースはいわきのユウキベリー農園さんのベリーを使ったソース。福島率の高い一皿。桃をソテーすると甘くなりますが、さっぱりとしていてフォアグラとあいます、そこにいい酸味のソースが絡むので、なんとも盛り上がります。

q_R.jpg
続いては、生木葉さんのバジルのソルベと白石さんのトマトを使ったソースをタイに。そして食感に枝豆。塩味が全体を引き締めます。夏色、イタリア色な一皿。バジルソルベが溶けたり魚の皮がパリパリ、枝豆がコリコリ、トマトの酸味。あいかわらず「うま!」です。

r_R.jpg
お店で熟成させた牛肉と生木葉さんのズッキーニとインゲンです。肉と野菜の力強さが出会った一皿。

t_R.jpg
デザートは厳選ベリーと生木葉さんの卵のアイスです。メードインいわきなベリーパフェ。男だけの会食でしたが、「うま!」と笑顔です。

s_R.jpg

上から見ても分かるように多種多様なベリーが入っていて、そこにアイスが絡まると酸味とコク、そしてさっぱりとしています。これほど、さっぱりとしていながらもたべられてしまうパフェ?はない感じです。素材がよく、調理がよい!

皆さん萩さんとの話がとまらない晩でした。分野は異なれど、こだわる人たちが集まってなんやかんやと味わい、体験できるうれしさがあります。いわきにいいものたくさんあります。

少しづつですが、一つづつ、いーねな連携が広がり、深まっていくのが楽しみです。さっそく次なる7月28日のふくしま市場さんからのバスツアーの計画案もいろいろ出てきています。特性の焼き肉ソースとか特性流しそうめん?とか、、、皆さんに当日はお任せしている部分もあるので、楽しみです。今回ご参加いただける皆さんからも「楽しみです」とご連絡をうけうれしい限りです。ぜひ、今後、Hagiさんのところでも食事を楽しんでいただけるといーなと思います。
スポンサーサイト
08:32  |  Hagiフランス料理店レポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/330-57f4ec7e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。