2017-07- / 06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

2012.06.06 (Wed)

卵かけごはんを美味しくするご飯の伝統的?貯蔵法!生木葉ファームさん

産みたて卵で、たまごかけごはんを食べよう」生木葉ファームさんで行われた先日のイベントは、盛り上がりをみせて、卵かけご飯を3杯たいらげたかたもいたようです。

皆さん、自分で鶏小屋からとってきた卵をごはんにかけてたべるのがなんともおいしい調味料のようです。参加いただいた皆さんと佐藤さんが話をしていると、器の大きさも検討課題ですが、ご飯の美味しさも大切だという話があったようです。

その美味しいご飯に実は、もう、佐藤さんの秘策がありました。
IMG_9170[1]

昨年完成した、地中に半分埋めて地熱を利用する貯蔵倉庫にお米等が貯蔵されています。昔から、米を保存するときは籾殻の中に入れて保存すると調湿や断熱など、美味しいお米の状態を維持しやすかったという経験があったので、現在も同じように保存しています。しかも、地中の熱を使っているので、暑い季節もひんやりしています。

半地下貯蔵質に米専用のもみがらケースを佐藤さんは自作して保存中です。

IMG_9173[1]

IMG_9175[1]
もう少し湿度は押さえたいので、除湿器なども活用しています。
伝統的な方法と新しい貯蔵庫。ますます、卵かけご飯を食べたくなります。

IMG_9192[1]
そしてもう一つ、畑では他品種のサツマイモが定植され育ちました。
ボランティアでお越し頂いていた小川さんから送っていただいた珍しいさつま芋や、お菓子に向いている紫さつま芋等です。今年の秋の連携スイーツも今から楽しみです。

スポンサーサイト
10:34  |  生木葉ファームレポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/295-6483ea2e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |