2017-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

2012.02.24 (Fri)

”おもてなし” ine ランチの準備 その1 ファーム白石さんへ

国連地域開発センター【UNCRD】さんがおこしになるにあたって「いわきの食材」を使い、これたお惣菜部門さんがお昼ご飯を調理し、おもてなしをする事になったので、皆さん張り切っています。こういうメニューはどうだろうか?準備はどうする?いろいろな意見が飛び交います。諸外国の方もいらっしゃるということで、皆さんどうおもてなしすべきかと連絡が入ります。

竹内さんから、佐藤さんや白石さんの食材で試作、試食をちょうど、商品開発と絡め試そうということになり、橋本が、現地調達と取材に走りました。

ファーム白石さんの畑の野菜状況を確認。
P1011453_convert_20120223114803.jpg
前半、雨が少なく育ちが悪かった”キャベツ”さんでしたが後半の雪と雨で挽回!
小ぶりですが、真ん丸です。真ん丸キャベツが美味しいんですよ 
P1011456_convert_20120223121217.jpg
こちらは、ピクセルという品種のブロッコリーと
P1011462_convert_20120223133253.jpg
梅緑という品種で茎が物凄く立派なブロッコリー
ブロッコリーには、スルフォラファンという成分があり解毒殺菌作用があり
発癌物質を無毒化し、体外に排出する作用やピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)の殺菌効果が報告されています。また、皮膚や目の紫外線によるダメージを防御する効果・高血圧や肝癌予防効果の報告もあり、葉酸も豊富で妊婦さんは是非。ダイエット効果の有る、成分やビタミンB群なども多種含まれています。
P1011463_convert_20120223134058.jpg
きゃわゆぅ~ぃこの子の親は梅緑で、親の下の茎から出ている葉の根元から、孫・ひ孫・玄孫と出てきます。一般スーパーには販売されませんが、「柔らかいし甘くて美味しいんだよー」と話す白石父さん。柔らかい小さな葉は、リンゴ・レモン・人参と一緒にジューサーにかけ、健康ジュースとして飲めます。ケールの様な葉なので、青汁が飲める方に”おすすめ”で蜂蜜を加えると飲みやすいです。(スーパーの物は、収穫してから時間が経っているので農家さんから購入すると良いですよ。)
P1011469_convert_20120223141635.jpg P1011467_convert_20120223141300.jpg
深く掘られた穴を見つけ、「お父さん!!若しかしてこの穴は!」と言葉すると
「橋本さん!牛蒡だよ!奥には自然薯も有るんだよー」というお父さん。千葉の多古町の粘りの強い山芋が好きだと話すと「収穫したら、あげるよー」と言っていただき、思わず白石さんでは、発送の時に牛蒡を掘り起こすので乾燥が防げ柔らかい牛蒡を提供できるそうです。農家さんは、大変だから牛蒡や自然薯を育てるのを好まないんです。

白石父さん!野菜や土・災害時の畑の様子を分かりやすく説明してくれるので勉強になり有り難いです。急いで、生木葉ファームさんへ急がないと

●生木葉ファームさんの”おもてなし”有機野菜の様子は次回をお楽しみに!

●国連地域開発センター【UNCRD】視察について・ファーム白石さんの有機自然栽培野菜の
 ご質問・ご注文などのお問合せは下記までお願いします。

●ineいわき農商工連携の会 事務局
 TEL:080-7012-9276 ・E-mail: ineiwaki@gmail.com ・HP: http://ine.main.jp/
※電話に出られない場合もございますので、メールですと確実です。
スポンサーサイト
23:04  |  ファーム白石レポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/209-538bb07d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |