2017-10- / 09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

2012.02.14 (Tue)

果物農家さんが『有機栽培』を学びに体験参加下さいました

神奈川県伊勢原市から、「ファームちゃたに」(茶谷)さんが「ファーム白石」さんへ
研修に来てくださいました。
2012・・2闌カ隹キ縺輔s縲€・胆convert_20120210124051
茶谷さんは、コピー機などの”エンジニア”の仕事をしてきましたが
定年関係なく仕事をしていきたいとの思いが強く、2年前に早期退職しその後農業研修を受け2011年3月から四反五畝ほどの土地を借りることができ「新規農業者」となり、「ファームちゃたに」として、柿・ぶどう・梨などの果物を主に栽培しています。

農閑期を利用して、有機栽培の段取りの仕方などを学びたいとネットで探しineいわき農商工連携の会へご連絡頂きました。ineの会の連携会員農家さんでも2月は、同じく農閑期であり作業は少ないのですが”トマトハウス”の天井にビニールカーテンをはり、管理機で土を耕し、ハウスの修繕する作業や子守までしていただき大変助かりました。
P1011374_convert_20120210141912.jpg
期間中は、ineの会の定例会にも参加し会員の皆さんとも会話がはずんでました。
福島いわきへ来る時には、「福島の現状」「お手伝い」「有機栽培への学び」の3つの課題を持ち来ましたが、いわきへ来て”びっくり”神奈川の人達は『福島原発』に敏感になっており、
福島の人達が普通に生活し、子供まで元気良く外で遊んでいるなんて想像もしていなかった・・。と呟く茶谷さん。
神奈川へ帰ったら『正確』な様子を仲間内繋ぎで発信し、福島と神奈川間で何か連携できる事が有れば。と言葉を残し帰って行かれました。

農業を学びたい方が来てくださり、正確な情報を持ち帰り伝えてくださる事は有り難い事です。

一般の方は勿論、「農業」「商業」「工業」の方達がお手伝いに来ていただき、現状を知っていただき意見交換から何かを見つけられる交流と連携へ向かえるようにineの会は活動していきます。

●ineいわき農商工連携の会 事務局
 TEL:080-7012-9276 ・E-mail: ineiwaki@gmail.com ・HP: http://ine.main.jp/
 ※電話に出られない場合もございますので、メールですと確実です。




スポンサーサイト
10:30  |  ファーム白石レポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/195-bf2781b3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |