2017-08- / 07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

2012.01.29 (Sun)

陶芸職人技を贅沢に独り占め❤

『常磐焼 唯芳窯』さんへ、カップの持ち手付け作業を拝見させてもらいに「いわき田人町」へ。

連絡をして到着してみると、薪ストーブの上で”中華まん”を温めてくれていました。  
山崎さんの伯母さんが、東京都世田谷小山駅前にて新宿の中村屋の商品のみ販売するお店を経営しており、心配して(震災・原発)、「いっぱい食べなさい!」と中華まんを一段ボール送ってきてくれたらしく、1人では食べきれないので手伝って!!と言う山崎さん。
P1011245_convert_20120128110331.jpg
《あら、美味しそうじゃない  》 コーヒーと一緒に美味しく頂きました。

さて、『職人技』を拝見させていただきます!!
P1011271_convert_20120128110549.jpg P1011238_convert_20120128110941.jpg
胴体を作り少し乾燥させて置いたカップを水につけ指で軽く叩きながら確認し
鉋で底を削り取ります。
P1011272_convert_20120128111129.jpg P1011236_convert_20120128111259.jpg
底の側面も見た目良く削り、表面のざらつきを丁寧に取り除きます。
P1011234_convert_20120128111411.jpg P1011247_convert_20120128111525.jpg
耳を付ける位置を決める為にカップを回しながら見た目をチェック、位置が決まると粘土を水で溶きハケで接着部分へ塗り、形成した耳を付けます。(持ち手を山崎さんは、”耳”と言っていました。)
P1011248_convert_20120128112750.jpg P1011249_convert_20120128111744.jpg
付けた耳を指が当たらない様に、親指で確認しながら、耳が取れない様に”こだわる山崎選手”は少量ではありますが接着根本へ増し固定し、且つ横・縦からズレが無い様に確認。
(本人が”こだわる”作業時、自ら名前の後”選手”と口にしていました。)
P1011250_convert_20120128112933.jpg P1011252_convert_20120128113315.jpg
山崎選手が”こだわる”滑り止めの役割を果たす、『真珠のイヤリング』をほどこし
”焼”の前の作業終了。焼きあがると完成品の様にひと回り小さくなりますが職人は、計算しての作業に《『好い仕事してますねぇ~と生意気な無言の叫びが』》
P1011251_convert_20120128113402.jpg
皆さん!どうですか!この「できあがりっ」橋本は、陶芸作品購入も自分への”ご褒美”として頑張った分、色々な窯元から購入していましたが、山崎さんの様に作業を嫌な顔ひとつせず見せていただき、ネットへの画像への協力もしていただき、楽しいお話しも沢山!!この様な職人さん出逢った事ありません。これからも”橋本選手”(笑)頑張って”山崎選手”の職人技を発信していきますので連載をお楽しみに

●ご興味がある。陶芸体験したい。職人気取りをしない『常磐焼 唯芳窯 山崎さん』と
 会話してみたい方。 また、商品はご要望にお応えし宅配にて発送できますので、お気軽に
 下記までご連絡下さい。

●ineいわき農商工連携の会 事務局
 TEL:080-7012-9276 ・E-mail: ineiwaki@gmail.com ・HP: http://ine.main.jp/
 ※電話に出られない場合もございますので、メールですと確実です。
スポンサーサイト
11:35  |  常磐焼 唯芳窯レポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/187-15d60b59

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |