2017-08- / 07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

2011.11.30 (Wed)

自分の目で見て、体験し、伝える

またまた生木葉ファームさんにハーフボランティアさんがお越しくださいました!
今回東京よりお越しくださった本多遼平さんは、9月終わりごろ生木葉さんへお越しくださった高橋とうこさんからのご紹介です。高橋とうこさんとは石巻でのボランティア活動で出会ったそうです。とても親しみやすく明るい本多さん。
今回も橋本さんと今井で一緒に作業をして来ましたので、今井がお伝えいたします

まずはたまご作業。とれたてたまごを洗って拭いて・・・久しぶりのたまご拭きです。
IMGP1689_convert_20111130101214.jpg IMGP1690_convert_20111130101302.jpg

そして袋詰めです。一つ一つ重さを計り、大きさと日別に分け、
もみがらをクッションにし、たまごを見栄え良く入れ、賞味期限や分量のラベルを入れます。
IMGP1697_convert_20111130102630.jpg IMGP1704_convert_20111130102929.jpg

こんな感じに出来上がりました!!
IMGP1709_convert_20111130103735.jpg

その後の作業はこちら。燻炭(くんたん)(写真左)をにんにくと玉ねぎの苗にかけていきます。
燻炭は熱を集め、除草効果もあるとの事。一つ一つ丁寧にかけていきます。
IMGP1720_convert_20111130105401.jpg IMGP1721_convert_20111130105526.jpg

こんな感じです。写真手前二列がかけたところ。
IMGP1723_convert_20111130110649.jpg


本多さんは、石巻でのボランティアを4ヶ月間も活動し、その時の帽子をこの日かぶっていました。「北海道」の刺繍に「がんばっぺ 石巻!」と貼られているその帽子は、石巻で一緒に活動していた北海道のおじさんにもらったそうです。そのおじさんが北海道からいろいろと持ってきて炊き出しをしてくれたこと、テントでの生活だったこと、海での作業中に震度5の余震があり怖かったことなど、お話してくれました。
「なぜボランティアへ行こうと思ったんですか?」と聞くと、「震災が起きて行こうとすぐ思った、こうだから・・・っていう理由はないですね」と本多さん。今回は、“沿岸部以外の場所や原発問題などが新聞やテレビなどの報道だけではわからないので自分の目で確かめたい、どうなっているか知りたい”と思い、お越しくださったそう。本多さんは、「聞いた話やネットやメディアだけでの情報では人に伝えられない。自分の目で見て、自分で体験して、それで人に伝えることができる。」と説得力のある思いをお話してくれました。

IMGP1729_convert_20111130105012.jpg
本多さん、お疲れ様でした!そして、ありがとうございました
次回、とうこさんとお二人でのご参加、お待ちしております!


IMGP1714_convert_20111130121138.jpg IMGP1715_convert_20111130121222.jpg
前回のハーフボランティアさん達と種まきをしたところをちょっとご紹介。
かわいい芽が顔を出してしました


●農業・自然・福島体験ハーフボランティアさん募集中!詳細は、Newsをご覧ください。
ineいわき農商工連携の会 事務局
TEL:080-7012-9276 ・e-mail: ineiwaki@gmail.com ・HP: http://ine.main.jp/
※電話に出られない場合もございますので、メールですと確実です。
スポンサーサイト
12:31  |  生木葉ファームレポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/155-44b1908d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |