2017-09- / 08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

2011.11.22 (Tue)

“魔法の手”をお借りして 陶芸教室

常磐焼 唯芳窯さんへ伺ってみると、ちょうど陶芸教室が行われているところでした。少し見学をさせていただけたので、今日は陶芸教室のご様子を今井がお伝えしたいと思います。

IMGP1610_convert_20111122142522.jpg
この日来ていた生徒さんは、姉妹でカフェを営んでいて、教室にくるようになって2年目のベテランさんです。カフェには、ここで自分たちで作った焼き物を使用しているそうです!洗面台も唯芳窯さんで手作りし、洗面所に使っているとのことです。どんなカフェか洗面台や焼き物も気になるところですが、カフェの方は津波の被害に合い、残念ながら現在は休業中。来年には再開するとの事なので、是非みなさん行ってみてください
●「工房&CAFE 寿々」 北茨城市磯原町磯原31-1

今回お二人は「にんにくポット」と「急須」を制作中。
急須は、前回作ったものが震災で割れてしまい、蓋だけ残っているそうで、その蓋に合わせて本体の部分を作っているところでした。

こちらは、急須の蓋をのせるフチの部分
IMGP1617_convert_20111122144221.jpgIMGP1625_convert_20111122144255.jpg
ちょっと見づらいかもしれませんが・・・
細長くした粘土を内側につけて(↑写真左)、こんなに綺麗に仕上がりました!(↑写真右)

IMGP1626_convert_20111122145542.jpgIMGP1628_convert_20111122145616.jpg
急須の口の所はやかんで型を取り、こんな感じに
見ているだけでも楽しくて見入ってしまいます。

ちょっと失敗しても、破れても山崎さんの手にかかれば、やり直すことなく修正が出来てしまいます!お二人から“魔法の手”と言われていました
またお二人は「ここ(唯芳窯さん)は自分の好きなものを作らせてくれるから良いの。それに他ではここまで指導してくれないのよ、自由にどうぞってところが多くて。」と話してくれました。
山崎さんは本当に丁寧に優しく指導して下さいます。そして集中している姿はとても素敵です。

IMGP1615_convert_20111122154127.jpgIMGP1630_convert_20111122154212.jpg
写真右が「にんにくポット」こちらに入れておくと日持ちするそうです↑


IMGP1627_convert_20111122142610.jpg
出来上がりがとても楽しみです。お邪魔致しました。


●こんな風に“魔法の手”を少しお借りして、自分の作りたいものを自分の手で素敵に作ってみませんか?
●一日陶芸体験教室も行っています。

常磐焼 唯芳窯(じょうばんやき ゆいほうがま)
いわき市田人町南大平字原口4-4
0246-69-2308
※予約制です。見学にはお気軽にお越しください。
スポンサーサイト
16:04  |  常磐焼 唯芳窯レポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/151-04da1194

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |