2017-08- / 07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

2011.10.25 (Tue)

宮城県東鳴子へ農商工連携の実地研修へ行ってきました!

ine事務局スタッフは、農商工連携のスキル向上のために、社団法人いわき産学官ネットワーク協会主催の「いわき農商工連携育成塾」を受講中です。

P1010567_convert_20111024231312.jpg

カリキュラムの中に実地研修があり、橋本が第1回目は『宮城県東鳴子』へ行ってきました。


「旅館大沼」5代目湯守の大沼伸治さん・「湯治研究家」の鈴木美樹さん・「よっちゃん農場」の高橋博之さん・鳴子温泉観光協会理事で「好日館」実行委員長の宮本武さん計4名の講師にお世話になりました。

その中で、ineいわき農商工連携の会としても、参考になる大沼伸治さんと高橋博之さんの活動内容をご紹介致します。

旅館大沼さんは、温泉・農業・林業など地域ぐるみの見直しと地産地消の連携プロジェクトを学びました。
夏でも田んぼの水温が低い寒冷山間部での農業の取組によりつくられた、うるち米のようにモチモチ甘いお米『ゆきむすび』のブランド米商品化。
もう一つは、農業体験の会員を募集し、草取りや種まき作業をしていただいた後は、大豆・枝豆などの収穫し最終段階として味噌・豆腐・納豆など加工作業を通して半農半湯クラインガルデンでの田舎体験と1つの企画から次の発想へと、まさに農業を通して都市と田舎とのかけ橋・人と人の出逢いの場・癒し癒される場づくりに取り組まれています。《NPO法人ゆめ会議NPO法人トージバNPO法人鳴子の米プロジェクト》  


P1010517_convert_20111013200702.jpg⇒こちらは、宮城県北部の山間部にあり湧き水を
 生活水・田んぼ・畑に利用している農家さんで
 『よっちゃん農場』といいます。名前の由来は
 創業者のお母さんの名前だそうです。
 自宅屋根は、貴重な茅葺きです!

 山間部で農家を続けていくにはどうしたら
 良いのか?と模索。
 唐辛子1種類だけを育て収穫し加工商品化へ。
仙台で「牛タン定食」を食べた事がある方は、味噌や醤油で味付けされた唐辛子が付くので食べたことがある方もいると思います。よっちゃんシリーズには、3種類の唐辛子を炭焙し調味料(モロミのようなもの)と合わせた「三升漬」がベースの甘辛タレなど他にも数種類あります。
調理場や機械など見せていただき、こんなに小さな場所で無添加手作りのうえ月数百本製造されていることにびっくりです。

P1010523_convert_20111018152655.jpg P1010527_convert_20111018153015.jpg P1010531_convert_20111018153216.jpg
 

高橋さんご夫婦は、沿岸部の被災避難者の方と何か出来ないか?と模索中に四国に有る『株式会社四万十ドラマ』さんと出逢いお話を聞いてもらうばかりでなくインストラクターまでしていただき上記写真の頑丈な『新聞ECOバック』を作る事ができました。

イベントでバックの中に避難者さんが作った「ミニ盆栽」と「よっちゃん製品」を入れ販売までたどりつきました。売上は避難者さんの稼ぎになります。沿岸部と山間部の収益事業が生れていました。すごいです!
よっちゃん農場ドタバタ日記    山の手日誌 仲が好いご夫婦で目尻が下がりますぅ~

P1010603_convert_20111020201105.jpg 今回の研修内容を振返り、先進事例を自身・
 自社に置き換えて、いわき市での農商工連携
 に向けた”ディスカッション”を行いました。
 震災と原発の風評被害のなか、皆さん思案しま
  したが、全員の気持ちは『まずは、地域の中で
  の繋がり連携の足固めづくりと人とのつながり
  絆づくりを!』模索・努力・実行して
  いきたいということでした。
 

この様な講習会は、さまざまな企業の方々と色々な角度から討論し情報提供・収集の連携は、地域にとっても企業にとっても個人にとっても見つめ直しや目標ができ、人との出逢いもあり元気も貰えるので地域活性化の場になると思いました。

P1010580_convert_20111022134454.jpg
明治後期創業老舗「東鳴子旅館大沼」さんの離れ風呂『母里の湯』機会がありましたら
自然たっぷりの入浴をご堪能してみてください。

鳴子地区での二日間の研修で多忙な中、対応してくださった講師の皆さま大変にお世話になりました。
大沼さんの講話で心に残った言葉『放電しないと充電できない』確かに!人は充電しなければと行動しますが、充電の前に自然に触れたり体を動かしたりと楽しく自分に合うリフレッシュ放電をしてから、リラックスしながら美味しいものを食べたり温泉を楽しみ心も体も癒される充電ができて笑顔と気・目標と満足感がえられるとおもいました。
また機会がありましたら、のんびり鳴子の地へ足を運びたいと思います。
スポンサーサイト
00:58  |  商品開発  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://ineiwaki.blog.fc2.com/tb.php/122-5133c6cf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |