2015-03- / 02-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>04-

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.03.28 (Sat)

ジャガイモの種イモ植え体験&「賢い脳をつくる食べ方」栄養トーク&いわき野菜ランチイベント開催!

IMG_1541_R.jpg

ジャガイモの種イモ植え体験&「賢い脳をつくる食べ方」栄養トーク&いわき野菜ランチイベント開催しました!
今回は20名の方に参加いただきました。天気よくあたたかでいい一日でした。

最初に、胃腸よろこぶ 根菜たっぷり鶏ムネモモ肉カレーづくりからスタートです。
昨年イベントランチしていて、子どもたちにたくさん野菜を食べてほしいと考えて思いついたスパイスカレー。北瀬が考えたレシピとスパイスを披露させていただきました。スパイスのいい香りに、子どもたちも参加してくれました。

IMG_1550_R.jpg

食べること大好き!というお兄ちゃんが手伝ってくれました。熱心でしたよ。
はたして、子どもたちに受け入れてもらえるのかドキドキしていました。

IMG_1569_R.jpg

ランチカレーを煮込んでいる間に、ジャガイモの種イモ植え体験です。佐藤さんが、種イモをカットしながら、芋の芽のことなどを解説です。

IMG_1578_R_20150328204434739.jpg

自家製もみがらクン炭の上に芋を置いていきます。イモ植え経験ある方からは、灰をつけて植えたことがあるという話も出ました。佐藤さんからは「放射能の問題があるので、灰が使いにくくなったので、もみ殻クン炭に変えていること。カットした部分が腐らないようにするため。」ということを教わりました。

IMG_1589_R.jpg

子どもたちは、のみ込み早いです。役割分担しながら、どんどん植えていきます。お母さんから「家でも、あれくらい率先してお手伝いしてほしいなあー。」といいうくらい、楽しかったみたいです。

IMG_1592_R.jpg

丁寧に植えてくれています。

IMG_1611_R.jpg

最後に土をかぶせながら進めました。

IMG_1634_R.jpg

続いて、ハウスの春ニンジン収穫体験です。みんな、収穫記念撮影です。

IMG_1640_R.jpg

収穫した後に、洗って食べてごらんと言うと、皆急いで洗ってカリッと「甘ーい。」おみそ汁用のヤマブンさんの味噌をつけても味わい喜んでいました。

IMG_1645_R.jpg

収穫後は、ランチの準備を皆でしました。

IMG_1664_R.jpg

今回のランチは、ファーム白石さんの自然農法米にむすめきたかをいれた小豆ご飯。生木葉さんの小松菜の味噌汁。そして、ineヘルシーカレーです。想像以上の大好評で、子どもたちも食べてくれて、おかわりしてくれました。うれしかったー!

IMG_1615_R.jpg

こんな感じで、レシピ&スパイスセットを皆さんにお土産とし、5つほど直売所においていただいたところ、すぐに完売してしまいました。すごいな、カレー。これから、イベントはカレーで行きます!

IMG_1687_R.jpg

お昼を食べながら、上級食育指導士の中村寛子さんからは、まごわやさしいこを基本として、それぞれの栄養素や食べ方、頭のよくなる食べ方は、肥満防止方法は?と、よい油の解説や、ランチのカレーにたっぷり入っている根菜類の良さなども解説いただきました。ご参加いただいた皆さんは、農業体験とと共に、栄養のお話にも興味がありお申込みいただきました。

IMG_1676_R.jpg

今回も、たくさんのかわいい笑顔に出会えました。

IMG_1692_R.jpg

生木葉ファームさんの桜はもう少しです。皆で食べて、片づけて、ヤギと遊んで、春の楽しイベントになりました。
ご参加いただいた皆さんからは、次のイベントへも参加したい申込をもういただきうれしいです。さと豆味噌ワークショップ第一段を、7月初旬の週末に、種まき&ジャガイモ収穫体験イベントとして開催予定です。

また、カレースパイスの調合配分も熱心に聞いていただき、次は、魚か豚肉か、季節の野菜をたっぷり食べるカレールーを使わない、毎日食べられるカレーを皆で食べたいと思います。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございます!

スポンサーサイト

tag : 地産旬味福食MENUプロジェクト

21:09  |  生木葉ファームレポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。