2017-08- / 07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

2015.02.12 (Thu)

「日本酒のエチュベ~いわき野菜バージョン~」福食レシピ開発:萩春朋シェフ(Hagiフランス料理店)

_MG_6789_R.jpg

先日、いわきの地酒太平櫻酒造さんへ行ってきた、萩春朋シェフが、日本酒を使った福食レシピを開発してくれました。
「日本酒のエチュベ~いわき野菜バージョン~」
「親子で料理を楽しむには、フライパン一つでつくれるといいですよね。」ということで、フライパン一つで子どもさんでも日本酒を楽しめるレシピになっています。

●材料(4人分)
食材/日本酒(200cc)・鶏もも肉(1枚/300g)・ネギ(1本)・トマト(1個)・椎茸(2個)・小麦粉(適量)
調味料/塩(適量)

_MG_7184_R.jpg

① 鶏肉の筋を切り、余分な脂肪を取り除いて2等分する。塩(できれば粗塩)をふる。

_MG_7178_R.jpg

② トマトはヘタを取って1センチ角のさいの目に切る。ネギは3〜5ミリの斜め切り、椎茸も同様にスライスしておく。

_MG_7204_R.jpg

③ 鶏肉に小麦粉を薄くまぶして、余分な粉を落とし、油を敷いて温めたフライパンで皮目から焼く。

_MG_7230_R.jpg

④ 皮目が焼けたら裏返し、トマト、ネギ、椎茸を入れる。
⑤ 日本酒を入れ、塩をふってふたをする。

_MG_7238_R.jpg

⑥ 5分くらいたって鶏肉に火が通ったら、鶏肉だけ取り出しておく。
⑦ 鶏肉以外のものは、中火で濃度がつくまで煮詰めていく。

_MG_7267_R.jpg

●盛りつけ
⑧フライパンの野菜ソースを皿に盛り、鶏肉を食べやすい大きさに切って乗せて出来上がり。ソースをのせてから鶏肉を盛りつける見た目も大切ですよ。

●萩シェフからのクッキングアドバイス
日本酒が引き出してくれる素材の旨味が調味料になります。鶏肉は火が通り過ぎないように、先に取り出すのがポイント。エチュベとは、素材の水分だけで蒸し煮する調理法。フライパンひとつでできる簡単料理です。

IMG_9322_R.jpg

旨味たっぷりー!な一品ですよ。鶏肉をフライパンから先にとりだすので、鶏の味わいもしっかりあり、日本酒、トマト、シイタケ、ネギと旨味の共演です。日本酒を1カップ使うことでお米の旨味を実感です。大人の方はぜひ、太平櫻さんの日本酒と共にどうぞ。
スポンサーサイト

tag : 地産旬味福食MENUプロジェクト

18:36  |  Hagiフランス料理店レポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2014.12.16 (Tue)

「鯛の塩釜」福食メニュー開発:萩春朋シェフ(Hagiフランス料理店)

_MG_5083_R.jpg

久の浜の海水塩「智と華」を使った福食メニューとして「鯛の塩釜」をHagiフランス料理店の萩春朋シェフがつくってくれました。塩が主役のメニューです。先日の料理教室でも参加者に大好評でした。

_MG_5107_R.jpg

●作り方を紹介します。
① 鯛のウロコを取り、内蔵を取り除いて水洗いする。
② ペーパータオルで鯛の水分を拭き取り、身の片面に包丁で3本ほど切れ目を入れる。
③ 切れ目の部分に、半分にスライスしたニンニク、ローズマリーを挟み込む。

_MG_5120_R.jpg

_MG_5131_R_201412161519326eb.jpg

④ 粗塩をボウルに入れ、卵白を加えてよくまぜる。塩を手で握った時にある程度固まるくらいの状態にする。

_MG_5137_R_2014121615193438c.jpg

⑤ ニンジンをピーラーで薄く切り、鯛のお腹に詰める。

_MG_5154_R.jpg

⑥ オーブンの鉄板にクッキングシートを敷き、鯛の大きさに合わせて塩を敷く。その塩の上に鯛を乗せて、残りの塩を使って鯛全体を塩で包み込むようにして固めていく。(しっぽまでしっかり包み込む)

_MG_5164_R.jpg

⑦ 魚の形の塩釜ができたら、スプーンを使って目やうろこなどの模様を入れる。

_MG_5206_R.jpg

⑧ 余熱したオーブンに入れ、200度で35分〜50分焼く。

_MG_5228_R.jpg

⑨ オーブンから取り出し、塩釜を崩さないように皿に盛って出来上がり。

_MG_5264_R.jpg

塩釜をたたき割り、魚をだします。

●萩シェフからのクッキングアドバイス
鯛のほかにスズキでもおいしくできます。鶏肉などの肉類でもOK。切り身の魚でもできますが、素材が小さいと塩味が入りすぎるのでレタスで包んでから塩で固めるといいですよ。

IMG_6235_R.jpg

塩が付いている皮の部分ははがしながら、実の部分を出して、いただきます。

IMG_6237_R.jpg

塩釜の塩を少しつけながら食べると、格別な旨味が広がります!
精製塩とは異なり、焼きあがりが茶色くなり柔らかいんです。
海のミネラル成分が鯛に浸透しています。塩釜は、骨の下の身の方に美味しいエキスが下へ浸透しているので、下の身はさらに美味しさ倍増です。ぜひ、クリスマスやお正月にいかがでしょうか?もちろん、精製塩でもできますが、「智と華」でつくると、いわきの海水塩の美味しさを存分に味わえます。

tag : 地産旬味福食MENUプロジェクト

15:27  |  Hagiフランス料理店レポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2014.11.25 (Tue)

萩春朋さん料理マスターズ2014受賞  「福っ子・食の寺子屋」講師紹介

1620510_1567909150097259_3649513804236041656_n_R.jpg

2014年12月7日開催の秋冬野菜料理教室&試食会 「福っ子・食の寺子屋」の講師:萩春朋さんは、先日、農林水産省料理人顕彰制度第五回「料理マスターズ」受賞されました。

MASTERS20141110_R.jpg

料理人マスターズは、現役の料理人にフォーカスした制度です。
顕彰されるのは、産地の連携し、地域の風土や調理法に適した作物の導入、伝統野菜の復活や地域特有の農産物を発掘し、又は地場の素材を活かしたメニューを開発し、取引の継続や伸張等を通じて、国内における産地の形成や農林漁業者の所得向上等地域の活性化や雇用の拡大等に貢献する取組などの功績があった方になります。

取組などが紹介された冊子の内容は、【Hagiフランス料理店HPからダウンロードできます】

萩さんは、受賞前から生産者等との連携で様々な福島のメニュー開発を行い、地産旬味福食メニュープロジェクトも始めました。受賞後は、さらに若手料理人との連携や生産者との連携の強化、拡大に取組んでいます。
福食メニュー開発のために、市内の若手料理人との和洋中の垣根を越えた、刺激的な情報交換も行われ、自主勉強会等も取組んでいます。

2014.12.07秋冬野菜料理教室&試食会「福っ子・食の寺子屋」では、親子料理教室を通して、旬の野菜、お米・米粉麺、いわきの海水でつくった塩を使った料理を通して、福島県の食と農の魅力を伝えてくれます。ぜひ、ご参加ください!

tag : 地産旬味福食MENUプロジェクト

11:44  |  Hagiフランス料理店レポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2014.07.10 (Thu)

Salt Story & Saltalk です Hagiフランス料理店さん

IMG_1583_R.jpg

7月12日のバスツアーで福島食材のPRや福食メニュープロジェクトの打合せをHagiフランス料理店さんと行いました。

ご存知の方も多いとおもうのですが、いわきの野菜、素材を活かす方法として萩さんは塩の特製に注目しています。そして、ツアーでお越しいただく皆さんにわかりやすく、そしてさらに魅力が伝わりやすい内容にしてくれています。その内容をツアーランチのときにお伝えする予定です。まさに、「Salt Story & Saltalk」です!おもしろいですよ。

そして、料理教室デモンストレーションでは、素材、味、栄養価を考えた、福食メニュー展開をさっそく行うことになりました。どんな味になるのか今から楽しみです。

では、ツアーへお越しいただく皆さんへ問題です。
今回、萩さんが塩と共に「ある素材」から今回のデモンストレーションメニューを考えてくれました、それは何でしょう?
以下の3つのうちから選んできてください!
①味噌 ②日本酒 ③鰹節
06:54  |  Hagiフランス料理店レポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2014.06.04 (Wed)

「畑の料理人、海へ行く 」Hagiフランス料理店さんのNHKドキュメンタリー番組ご覧ください!

IMG_1736_s.jpg

先日、生木葉ファームさんでいわき小麦の葉の味見をするHagiフランス料理店の萩さん。
畑で素材を味わう。
そこから、料理のイメージを展開しています。

そんな萩さんがNHKのドキュメンタリー登場です!
NHK 福島 14/6/6 (金)19:30~19:58
「畑の料理人、海へ行く 」

76ab1fe8-s.jpg
【Hagiフランス料理店さんブログもどうぞ】

すごく楽しみです。生木葉ファームさん、ファーム白石さんも登場予定です。
「福島の食材を愛して、その美味しさの理由を生産者とともに伝えること。」をテーマに取組み続けている萩さん。この思いが様々な取組みに展開しています。
その強い思いが、今回採択された、地産旬味福食MENUプロジェクトにもなりました。これから、更なる福島の食材の魅力を伝える取組みも始まります。

ぜひ、ご覧ください!
20:30  |  Hagiフランス料理店レポート  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>