2016-09- / 08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

2016.09.06 (Tue)

2016年10月16日 田のあみ新米稲刈り&芋掘り体験 イベント参加者募集

161016田之網新米体験イベント広告

2016年10月16日 田のあみ新米稲刈り&芋掘り体験 イベント参加者募集
※参加応募者多数のため、申し込み締め切りました。ありがとうございました。

【イベント広告はineの会HPより可能です】
線路をくぐると里山風景。田之網のお米は、久之浜からの海風で病気になりにくく、里山の水で育つため、もちもちふっくらで旨みがあるのが特徴です。海と山が育む新米試食とさつま芋掘り体験しませんか?
田のあみ米つくろう会の皆さんとの連携で、5月に田植えした田のあみ米の新米稲刈り&試食、新もち米のお餅試食、新米販売を行います。さつま芋の収穫体験も行います。皆で秋の味楽しみましょう!

<当日の予定>
①田のあみ米稲刈り体験(稲を一束お土産、自宅で脱穀してみよう)
②さつま芋掘り収穫体験(さつま芋はお土産になります)
③田のあみ米とお餅(新もち米)の試食ランチ
④栄養士の吉田真紀子さんによる栄養トーク

●日 時: 2016年10月16日(日)・10:30~13:30
●場 所:志賀宅:いわき市久之浜町田之網西ノ内11-3 
●参加費:大人500円・子ども(高校生以下)500円。(3歳以下無料)。
●当日の持物:長靴、タオル、帽子、軍手、(あれば稲刈り鎌)。
●申込方法:応募者多数の場合は先着順になります。申込〆切10月10日。
・参加者のお名前、子どもの年齢、電話番号をご記入の上お申込み下さい。
・申込先メール:ineiwaki@gmail.com

今回は、収穫体験した稲穂をお持ち帰りできます。自分の家で天日乾燥させて、自分で脱穀精米して味わってみませんか?
脱穀方法は、【JAグループのHP】が参考になります。

ランチタイム中の栄養トークは、栄養士の吉田真紀子さんにお話しいただきます。いつもイベントへご参加いただき、料理コンテストでも入賞される、栄養、料理共に魅力的な腕前の吉田さんから、お米やもち米などの栄養トークもあります。

IMG_0032_R.jpg
IMG_0041_R.jpg

今年の5月に皆で田植えした苗はこんなに大きく育っています。収穫までもう少しです。

今年のこれからのイベント予定。
①2016年11月13日 加茂農産ナメコ収穫体験イベント開催予定
②2016年12月中旬 生木葉ファーム冬の新玉ネギ収穫体験イベント開催予定

スポンサーサイト
11:49  |  イベント  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.08.01 (Mon)

7/31夏野菜収穫体験&夏は胃腸を冷やさない! 栄養トークイベント開催しました

IMG_9542_R.jpg
2016年7月31日夏野菜収穫体験&夏は胃腸を冷やさない! 栄養トークイベント開催しました。今回はドタキャンも結構ありましたが、35名の方にご参加いただきました。まず、初めに生木葉ファームの佐藤さんにジャガイモの掘り方を教わり、ジャガイモ収穫体験開始です。

IMG_9558_R.jpg
IMG_9552_R.jpg
IMG_9546_R.jpg

心配していた雨も途中少しぱらついただけで、晴れたのでよかったです。

IMG_9563_R.jpg

たくさん収穫できたジャガイモは軽トラへ積んで完了です。お疲れ様です。

IMG_9555_R_201608011155004e0.jpg

メークインとキタアカリを収穫しました。

IMG_9638_R.jpg

収穫ジャガイモは1kg測ってお土産になりました。

IMG_9571_R.jpg

続いて夏野菜のトマト、ナス、ピーマン、キュウリ、葉物野菜の中から好きなもの1種類収穫体験です。皆さんどれを採ろうかと考えつつ、畑へ。

IMG_9575_R.jpg
IMG_9576_R.jpg
IMG_9588_R.jpg

ナスやトマトの収穫です。

IMG_9596_R.jpg

収穫体験の後はお待ちかねのランチタイムです。今回は、流しそうめんならぬ、いわき地粉うどん流しを開催しました。基本は子どもさんメインで盛り上がりました。みんな夢中になって、うどんでお腹いっぱいになってしまったかもしれません。

IMG_9609_R.jpg

同時に、生木葉さんの無農薬夏野菜ランチを各自とりわけランチスタートです。

IMG_9634_R.jpg

夏野菜ランチの内容は、
・生木葉野菜98%?夏野菜カレー:今回はトマトソースも生木葉さんのをつかっています。スパイスカレーは日々進化中です。
・ご飯は、田のあみ米の玄米です。
・蒸しすくなカボチャとナスのトマトソースがけ:生木葉さんのソース用トマトはソースにするととてもおいしいので、急遽ソースをつくりかけました。
・生木葉キュウリ漬物とちいばあちゃんの漬物
・福島県産ももときたせ農園の極甘とうもろこし
・流しうどん
・梅干しのスポーツドリンク:水、梅干し、蜂蜜でつくります。

IMG_9628_R.jpg

ランチ食べながら、上級食育指導士の中村さんに「夏は胃腸をひやさない!」と題した栄養トークをしていただきました。暑いから冷たいものばかり摂取すると体調を崩しやすく、便秘や肌荒れなどにもつながることを教わりました。スパイスのみでつくるカレーは体調をととのえること。また、熱中症予防も考え、梅干しのスポーツドリンクがお勧めで今回用意したこと。市販のスポーツドリンクは糖分が多すぎるので、ぜひ、自分でつくるのがいいこと。初めて参加されるかたもいたので、まごわやさしいこや味噌玉の解説等もしていただきました。

生木葉さんと話していて感じたのですが、最近は、0~3歳児親子の参加が多く、食や農に興味ある方の参加が増えています。もちろん、いつもお越しいただいている常連の方も来ていただけるとホッとします。ご参加いただいている方も栄養や健康の専門家もいるので、こういう機会に興味ある方通しがつながるといいなと思いました。ランチ後は、中村さんへの相談など、情報交換なども進んでいました。

旬の野菜を味わうスパイスカレーは、市販のルーを使わず、味付けは塩程度で、油も少なく、オリジナルスパイスブレンドなので安心して食べられます。出張先でカレー食べつつ、カレーの作り方も毎回進化中です。こちらもご好評いただき、ホッとしています。

次回のイベントは、10月末ごろに、田のあみ米の新米を食べて収穫体験イベント開催予定です。
12:19  |  イベント  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.07.30 (Sat)

雨天でも開催します!夏野菜収穫体験イベント

明日は、雨の天気予報が出ていますが、雨天でもイベント開催します!
収穫予定のトマト、ナス、ピーマンなどはビニールハウス内だからです。

IMG_9526_R.jpg
IMG_9518_R.jpg
IMG_9519_R.jpg

ハウスの中では、トマト、ナス、ピーマン成長中です。この中から好きなものを収穫体験行います。
もし雨が降らなければジャガイモ掘りも行いますよ。

IMG_9533_R.jpg

生木葉ファームさんの新品種、トマトソース用のトマトです。ミニトマトや中玉トマトより大きいんです。生で食べるとあんまり美味しくないのですが、トマトソースにすると美味しいんです。トマト缶がいらなくなります!というわけで、明日の夏野菜スパイスカレーにはこのトマトでつくったトマトソースを使います。おかげで、ほぼ生木葉産野菜によるカレーとなります。

生木葉さんとイベント内容打合せ、夏らしい例のものもやろうということになりましたので、楽しみにお越しくださいませ!

13:47  |  イベント  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.06.25 (Sat)

夏野菜収穫体験&夏は胃腸を冷やさない! 栄養トークイベント開催 参加者募集!

160731夏野菜イベント広告_R

夏野菜収穫体験&夏は胃腸を冷やさない!
栄養トークイベント開催(7/31) 参加者募集!

※申込者数が定員となりましたので、7/1で申込締め切らさせていただきます。

夏野菜がグングン成長中の生木葉ファームさんで、旬のトマト、ビーマン、ナス、キュウリなどの夏野菜を収穫するイベント開催します。何を収穫するかは、当日の野菜の育ち具合で決めさせてください。お土産野菜になります。

7/31開催なので、夏バテ、熱中症防止に向けて、中村寛子さんに「夏は胃腸を冷やさない! 」と題した栄養トークをランチタイムにお話しいただきます。便秘解消や美肌効果にもつながるそうです。梅干しかレモンなどを使った温めドリンクも準備予定です。

ランチは、生木葉さんの夏野菜をたっぷり使った野菜&チキンのスパイスカレーです。今回は、夏野菜を丸ごと味わうというわけではないですが、ベジブロスを使いますよ。お米は、田のあみ米を炊く予定です。カレーには、トウガラシはいれていませんので、辛いの苦手な方、子どもさんでも大丈夫です。トウガラシ粉は別途ふりかけて、大人は食べるようにします。

ご参加申し込みお待ちしております!

●日 時:7月31日(日)・11:00~14:00

●場 所:生木葉ファーム:いわき市好間町榊小屋字小座取2

●参加費:大人500円・子ども(高校生以下)500円。
     (3歳以下無料)。

●申込方法:応募者多数の場合は先着になります。(申込〆切7/22まで。)
・参加者のお名前、子どもの年齢、電話番号を
  ご記入の上お申込み下さい。
・申込先メール:ineiwaki@gmail.com

イベント広告はineの会HPからどうぞ!
07:53  |  イベント  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.05.16 (Mon)

久ノ浜田之網集落で田のあみ米田植えイベント開催しました!

IMG_8540-horz-vert_R.jpg

2016年5月15日、いわき市久ノ浜田之網集落で、田のあみ米つくろう会の皆さん&集落の皆さんとの連携による、田植え体験イベント開催しました。今回は56名のご参加となりました。かなり集落関係者の方や見学の方もいらっしゃいました。今回は、田のあみ米つくろう会事務局の志賀さんご夫婦が、田之網は里山風景あり海近く、いいところなので、みんなに遊びに来てもらえるようにしたい。耕作放棄地になりそうな田んぼや畑もなんとかしたい。という思いから、ineの会連携イベントとなりました。
今回のイベントのために、野菜販売の準備や当日精米したての田のあみ米など準備いただきました。

IMG_8572_R.jpg

参加者の皆さん集まり、田んぼの特徴や注意事項説明のあと、いろいよ田植え開始です。

IMG_8559_R.jpg

事前に、植える場所が分かりやすいように升目が書かれています。

IMG_8585_R_201605160944271ac.jpg
IMG_8592_R.jpg

苗を小分けにして、田植え開始です。

IMG_8594_R.jpg

恐るおそる田んぼに入り、驚き泣き出してしまう子どもさんもいました。

IMG_8603_R.jpg

とても腰が入っていて手慣れた手つきで田植えする子どもさんもいます。

IMG_8624_R.jpg

お母さんにしがみつきつつ田植えです。

IMG_8646_R.jpg

お父さんと田植えです。

IMG_8657_R.jpg

どろんこになっても、めげることなく田植えです。

IMG_8677_R.jpg

山際の小さなたんぼ4枚を一面づつクリアーしながらの田植えでした。里山的ないい場所です、小川ありです。

IMG_8692_R.jpg

最後は、こどもたちが、全面制覇です。途中で飽きるかな?と思ったのですがそんなことなく、一生懸命田植えしてくれました。

IMG_8676_R.jpg
IMG_8701_R.jpg
IMG_8714_R.jpg

田植えしたらお腹がすきます。田のあみ米炊きあがりました。集落のジャガイモと新玉ネギたっぷりのチキンカレーが寸胴いっぱいです。なんと、今回は集落の方で船を出してくださった方がおり、平爪ガニの味噌汁も登場しました。ヒラメやクロダイの刺身も登場。
IMG_8703_R.jpg
IMG_8707_R.jpg
IMG_8710_R.jpg
IMG_8711_R.jpg
IMG_8723_R.jpg
IMG_8721_R.jpg

みんなで盛りつけ、田のあみ米ランチいただきます。

IMG_8717_R.jpg

集落のおじいちゃんが、「うまいか?」と特製マイクでインタビューです。

IMG_8746_R.jpg

お手伝いいただいた田之網のお母さんです。

IMG_8737_R_20160516100904a88.jpg

今回のランチは、
・田のあみ米
・田之網集落新玉ネギとジャガイモのチキンカレー
・田之網タケノコとふきの煮もの
・田之網春キャベツのごま酢和え
・ちいばあちゃんの味噌漬け
・久ノ浜のクロダイとヒラメ
・久ノ浜のヒラメカニ味噌汁

お汁粉が準備間に合わなくすいませんでした。カニ汁とお刺身で勘弁してください。

IMG_8754_R.jpg

田のあみ米を気に入っていただけたのと、田植えでお腹が減ったからか、おにぎりを2,3個食後に食べてくれるこどもさんもいました。うれしいです。

IMG_8742_R.jpg
最後は、田之網の野菜や久ノ浜のひじき販売、ご購入いただきました。ありがとうございます。

IMG_8760_R.jpg

今回のイベントでお米を販売するために、田のあみ米の商品化を田のあみ米つくろう会の皆さんに取り組んでいただきました。市販の袋へ貼るラベルは北瀬がデザインさせていただきました。

田のあみ米_R

田のあみ米の注文書を田のあみ米つくろう会の皆さんに作成いただきました。まだまだ注文できますので、ぜひ、お申し込みくださいませ。2kgつめの玄米を分けていただいたので、生木葉ファーム産の直売所で販売予定です。

IMG_8763_R.jpg

食後の子どもたちは、オタマジャクシやドジョウとりなどに夢中でした。ご参加いただいた皆さんありがとうございました!「おじいちゃんのところへ田植えに遊びに来たようで楽しかったです。」などうれしいコメントいただき、天気も良くていい田植えイベントでした。

IMG_8768_R.jpg

イベント後は、集落の皆さんとの反省会です。魚介類の味が違う!集落の皆さんの行動力と結束力がすごい!集落の方にとっても、小さい子どもさんがたくさん来てくれて、うれしかったということです。今後も遊びに来てもらえるように、計画的な作付等を行い、イベントを開催したいということになりました。イベント企画まとまりましたら、また、UPさせていただきます。

初の、集落連携イベントでした。不慣れなこともあり、バタバタしてしまった部分もあり申し訳ありません。今回、イベント開催を通して、お米を急ぎ、商品化し、参加いただいた方に食べていただき、ご購入いただくことができました。おかげで、お米農家の方の目が輝いていました、そして「皆さんに食べてもらう米は、きちんとした品質のものを用意しなければだめだ。」と、今年の新米に期待が高まるコメントいただきました。新米楽しみです!
12:11  |  イベント  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.05.07 (Sat)

田のあみ米田植えイベントの準備進行中です

5/15に開催予定の久ノ浜町田之網での田植え体験イベントの準備進行中です。初めての場所でのイベントなので綿密な打合せを重ねています。

IMG_8485_R.jpg

田之網まで行く道の入り口をご案内します。波立海岸沿いを平方面から走り、「浜川入口」を左折し、山の方へ向かいます。

IMG_8486_R.jpg

黄色と黒色のトンネルをくぐり直進して進むとたどりつきます。イベント当日は会場付近で集落の方が誘導します。

IMG_8530_R.jpg

今回田植えに使う苗は、ビニールハウスの中で育っています、スタンバイ中ですよ。

IMG_8519_R.jpg

みんなでワイワイと田植えするのにちょうどいい広さの田んぼが会場となります。脇には水路や小川があり、ドジョウやオタマジャクシもいます。ドジョウなどすくいたい子どもさんは、網を持ってくるのがおすすめです。

IMG_9653_R.jpg

田のあみ米つくろう会の皆さんや集落の方とのミーティング&試食会の様子です。いろいろ決めました。皆さん、集まって、取り組むのが慣れていてものすごいパワーあります。役割分担も完了です。

●ランチの内容
・田之網じゃがいも&玉ねぎのスパイスチキンカレー。ご飯は田のあみ米。
・海産物が天候よく入手できれば味噌汁。
IMG_8488_R.jpg
・田之網タケノコ煮。
・田之網春キャベツの胡麻和え。
IMG_9652_R.jpg
・田之網白玉粉のお汁粉。田之網で栽培しているもち米を寒ざらししてひいたものです。普通の白玉粉より、モチモチ感ともち米風味強いんです。

IMG_9648_R.jpg

集落の方が煮てくれたひじきの煮ものを試食させていただきました(※注:イベントランチには登場しません)。スーパーでよく売っているものより身が大きく幅広肉厚で味付けもいいです。ひじきを食べられるようにするには手間暇かかることを教わりました。今回は、海近くなので、集落の方から海産物の話もたくさん伺えました。

IMG_9654_R.jpg

ランチに使う野菜は田之網集落の野菜をメインに使わせていただきます。

●田のあみ米&野菜の販売
・田のあみ米を販売します。つくり手のこだわりで、玄米でご用意し、お好みで白米から玄米までの間の精米度合い調整し、精米もその場で行います。
・2016年の新米ご予約販売も行いますよ。
・イベント後は、畑で春キャベツ収穫販売も可能です。

●当日の持物など
・タオル、帽子、着替え、あれば田植え用長くつ。
・イベント広告写真のような服装も参考になります。
・服に田んぼのどろがつくとしみとなりとれにくいので、カッパを上に着るか、汚れてもよい服装がお勧めです。
・基本的に素足で田んぼへ入るのがお勧めです。
・トイレやお風呂、着替え等は田のあみ米つくろう会事務局の志賀さん宅を使わせていただきます。
・雨天でも作業はできる場合は、開催し、ランチは集落の公民館で食べる予定です。

あとは、イベント当日が晴れることを願うばかりです。

07:53  |  イベント  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.04.25 (Mon)

田植えイベント参加受け付け終了&さと豆味噌完売のお知らせ

160329田植え体験イベント広告aiR

5/15開催予定の田植えイベントは、申し込み者多数のため、申し込みを締め切らせていただきます。たくさんのお申込みありがとうございました!初めての場所で、初めての田植え体験イベントなので、これから田之網地区の皆さんと入念な打ち合わせを行い、準備進めます。開催日近くなりましたら、お申込みいただいた皆様へ詳細ご連絡いたします。

1602sp_R_R.jpg

週末に、生木葉ファームさんへ伺ったところ、さと豆味噌は完売しておりました。お買い上げいただきありがとうございます!完売したことがうれしい半面、もう無いというさみしさもあります。来年の春には今年仕込んだ味噌を販売します。
今年は、作付面積が増えるので収量が上がる予定です。
(生木葉さんに味噌を予約していた方は、お早めにご購入くださいませ)
15:53  |  イベント  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.04.04 (Mon)

5/15 久之浜田之網集落で 田植え体験イベント参加者募集!

160329田植え体験イベント広告aiR

2016年5月15日(日)いわき市久之浜田之網集落で 田植え体験イベントを開催します。参加者募集します!

IMG_8295_R2.jpg

今回は、初の田植え体験イベントです。田の網集落で、「田のあみ米つくろう会」事務局の志賀さん(写真いちばん右)から、ineの会の取り組みに興味を持っていただき、ご連絡をいただきました。お話をうかがいに集落へ行ってみると、

IMG_8260_R.jpg
久之浜から山川へ入ると、
IMG_8317_R.jpg
IMG_8271_R_20160404113245e4c.jpg
里山風景が広がっています。

集落の方、つくろう会の方はよく会合を開いては、この先、集落、米作りはどうしよう?という話題で持ちきりでした。田之網集落でも、高齢化が進み、耕作放棄地も増えてきています。しかし、この土地は、久之浜からの海風で米が病気になりにくく、夏はヤマセの冷たい風が温度差をつくり、山水、粘土質な土壌の条件から、もちもちふっくらとしたお米が収穫できます。

早速、北瀬がお米をいただき味わいました。いわきで、こんなにおいしいお米がとれるんだと驚きです!冷めてももっちりおいしいお米です。おかげで、最近はお米のとぎ方や炊き方研究中です。

いいお米が収穫できる土地をどう維持していけるか、おいしいお米作りをどのように継承できるか、ということでいろいろお話を伺いました。ineの会としては、まずは、連携して田植え体験イベントを開催し、参加者の皆さんに味わっていただき、感想を聞いてみよう、ということになりました。もちろん、秋の新米イベントも開催予定です。会としてもお米連携ができうれしいです。おいしさ間違いなしの味噌やお米、野菜、キノコなどなど、いわき食は充実しています。

img925_R.jpg

ちなみに、今回の田植え写真は、田のあみ米つくろう会事務局の志賀さんの身内の方でカメラマンの江平龍宣さんからお借りしました。ありがとうございます。

●イベント之当日の予定です。
①田植え体験:手植えです。基本素足がお勧めです、靴下はいても可。長い長靴可。
②田之網米の試食ランチ
③もしかしたら、久之浜の海産物も登場
④里山探検(こどもの遊び場)

●日 時: 2016年5月15日(日)・10:00~13:30
●場 所:志賀宅:いわき市久之浜町田之網西ノ内11-3 
●参加費:大人500円・子ども(高校生以下)500円。(3歳以下無料)。
●当日の持物:泥汚れしてよい服装、タオル、帽子、汚れてよい靴下。
●申込方法:応募者多数の場合は先着順になります。申込〆切5月5日。
・参加者のお名前、子どもの年齢、電話番号をご記入の上お申込み下さい。
・申込先メール:ineiwaki@gmail.com

広告は、ineの会HPよりダウンロードできます。
ご参加お待ちしております!
12:14  |  イベント  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.03.07 (Mon)

ヤマブン味噌醤油醸造元 さと豆味噌仕込みイベント開催しました さと豆味噌ランチ&味噌仕込み編

IMG_8202_R.jpg

3/6ヤマブン味噌醤油醸造元 さと豆味噌仕込みイベント開催しました。こちらが、今回のさと豆味噌試食ランチです。今回、さと豆味噌の特徴を把握するために、田町平安の鈴木伸明シェフにご協力いただきました。さと豆味噌は味が濃く甘みがあるので、シソ巻きや牛筋煮込み等があいそうと教えてもらいました。旬の野菜も使いたいので、福食だよりレシピも参考にしつつ、以下の内容です。
・さと豆味噌おでん:さと豆味噌とヤマブンさんの赤みそ、生木葉さんの聖護院ダイコンと卵、里芋、豚肉、昆布が入っています。
・しそ味噌ホイコーロー:さと豆味噌と砂糖、しそを蒸かしたキャベツと豚肉であえます。
・チイばあちゃんのさと豆味噌漬け:さと豆味噌を使い、在来種シソなどでつけた、絶品漬物。

今回、さと豆味噌ができたので、チイばあちゃんに報告へ行ったところ、種が育て続けられていることを喜んでいただき、さと豆味噌漬けを分けていただきました。これは、ぜひ、参加者のみさんにもご試食いただこうとおもいご用意いたしました。

IMG_8188_R.jpg
IMG_8191_R.jpg
IMG_8195_R_20160307120628fa8.jpg

皆さん、好きな場所でランチタイムです。いい笑顔いただきました。4回おかわりいただいたお父さんもいらっしゃいました。私的には、約50人分の段取りにてんてこまいでした。

IMG_8206_R.jpg

ちょうど、食後に今年仕込むさと豆味噌のさと豆が蒸かしあがりました。発色をよくする意味でも水をかけます。

IMG_8213_R_20160307121430246.jpg

大釜での蒸しあがりです。

IMG_8222_R.jpg

これまた長蛇の列で、蒸しあがりさと豆の試食です。

IMG_8218_R.jpg

子どもたちも釜脇で試食です。

IMG_8237_R.jpg

蒸かした豆をミンチします。

IMG_8244_R_20160307121732b1c.jpg

ヤマブンさん特製の玄米糀と塩を混ぜる機械へ投入です。

IMG_8247_R.jpg

鈴木さんからは、玄米糀の解説がありました。皆さん何重にも取り巻いて、子どもたちは見えないので肩車状態でした。すごいライブ感で大盛り上がりでした。

IMG_8255_R_2016030712173609d.jpg

よーく混ぜて、あとは1年寝かせます。来年もさと豆味噌販売します。今年は天候のせいもあるのか、収量が少なかったので、仕込み味噌としての販売はせず、小分け販売とし、少しでも多くの方に味わっていただけるようにしたいと思います。

また、さと豆自体の生産量も少しづつ増やし、ヤマブンさんの蒸し釜いっぱいにつくれるといいなと思いますので、できれば無農薬でさと豆味噌用にさと豆栽培いただける方がいわきにいましたら、北瀬の方までご連絡いただけないでしょうか。ineiwaki@gmail.comまで。

田人のちいばあちゃんに分けていただいた、さと豆を生木葉ファームさんに栽培いただき、ヤマブン味噌醤油醸造元さんに加工いただき、北瀬がラベルデザインしました。最初は、売れ残ったらどうしようと皆で話していましたが、即完売でありがたいです。コツコツ続けられるといいなと考えています。

たくさんの方に、イベントご参加&ご協力いただき、ありがとうございました!
12:25  |  イベント  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.03.07 (Mon)

ヤマブン味噌醤油醸造元 さと豆味噌仕込みイベント開催しました 蔵見学&販売編

IMG_8122_R.jpg
3/6ヤマブン味噌醤油醸造元 さと豆味噌仕込みイベント開催しました。51名のお申込みがあり、抽選しようか悩んだのですが、ヤマブンさんの快諾により全員お越し頂くことになりました。幸い天気もよく、生木葉ファームさんがベンチとテーブルを運んでいただき、蔵の前にランチステラス席つくりました。さと豆味噌づくりの経緯やさと豆、味噌の魅力をお伝えしてイベントスタートです。

IMG_8129_R.jpg
最初は、ヤマブンさんの醤油蔵見学。醤油のつくり方を工程を踏まえながら鈴木さんに解説いただきました。鈴木さんからは「これほどたくさんの参加者がいるのに、どのお母さんもお醤油づくりのことを真剣に聞いて下さってありがたいです。」ということでした。

IMG_8132_R.jpg

醤油の仕込みだるのぞき体験も大盛り上がり。子どもたちはおそるおそるのぞきこんでいました。お醤油のいい香りが充満しています。

IMG_8142_R.jpg

お醤油やお味噌の話を伺うと欲しくなります。本当は食後に販売会を考えていましたが、鈴木さんのお話後は、販売スペースに長蛇の列。生木葉ファームさんの卵販売もありました。

IMG_8080_R.jpg

いわきの純正農商工連携商品「さと豆味噌」。種の継承、企画、生産、加工、パッケージデザイン、販売、販促、全ていわきのメンバーで連携しています。昨年の3月に仕込んで1年のさと豆味噌ついに完成&販売開始です!850円で販売させていただきました。数量は30個ほどあれば足りるだろうと準備したのですが、即完売!お買い上げいただけなかったお客さん、すいませんでした。さと豆味噌の在庫は残り20個です。生木葉ファームさんのみで販売しております。今週末の土日営業の直売所でお買い求めくださいませ。※北瀬へ、ご予約したという方がいたということを伺いましたが、私は受付けておりません。生木葉さんの方へ直接お買い求め下さいませ。

IMG_8154_R.jpg
お買いものの後は、さと豆味噌ランチです。子どもたちは「腹へった~」とお待ちかねでした。

IMG_8165_R.jpg
IMG_8178_R.jpg

各自盛り付け、

IMG_8186_R.jpg
醤油蔵前テラス?でランチです。天気よくて、暖かでよかったです。

IMG_8177_R_20160307120157b6b.jpg

多人数だったのでテーブルやいすが心配でしたが、アウトドア道具持参いただいた方もいました。ありがとうございます。

IMG_8157_R.jpg

皆さんランチ撮影からのいただきますです。

12:05  |  イベント  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>